フレデリカは日本映画ばっかり見ています<ネタバレ>

内容を知っている方だけどうぞ。ネタバレで感想や評価を書いています。たまに批評・解説になっちゃっているところもあり。評判は一通り書いてからチェックしています。

映画『 ホットギミック ガールミーツボーイ』50点/キスシーンの多さに堀未央奈さんファンは悶絶

キスシーンの多さに堀未央奈さんファンは悶絶/山戸結希監督!いろいろとやりすぎです。#ホットギミック #堀未央奈 #清水尋也 #板垣瑞生 #間宮祥太朗 #桜田ひより #吉岡里帆

こんにちは。フレデリカです。

ホットギミック ガールミーツボーイ - 作品情報

作品情報

www.hotgimmick-movie.com

あらすじ&鑑賞前感想

www.youtube.com

 

どこにでもいる平凡な女子高生・成田初。優しい兄・凌、元気な妹・茜と両親と、ごく普通の家庭で暮らしていた。ある日、同じマンションに住む橘亮輝に弱みを握られ、亮輝の無茶な命令に振り回されることに。そんな時、数年前に突然引っ越していった幼馴染・小田切梓が帰ってきた。人気モデルとして活躍し、遠い存在だと思っていた梓が、昔と変わらず自分を守ってくれる姿に初は自然と魅かれていく。亮輝に邪魔をされながらも、初と梓は付き合うことに。幸福感に溶けてゆく初だったが、実は梓にはある目的があった―。さらに、兄・凌の秘密を知ってしまう。今まで通りではいられなくなり、戸惑う初。

ホットギミック ガールミーツボーイ || TOHOシネマズ

 

監督は山戸結希さん。主演は乃木坂46堀未央奈さん
<乃木オタモード開始!>
山戸結希さんは乃木坂46のPVを撮ったことがあります。
ハルジオンが咲く頃」という主要メンバーであり当時最年長だった深川麻衣さんの卒業ソングです。
PVの主演は深川麻衣さんですが、堀未央奈さんは他のメンバーとは一線を画した重要な立場を担います。


乃木坂46 - 當春紫苑盛開時 (中文字幕版) 2nd ALBUM《屬於我們的位子》

それまでの乃木坂46は一期生と呼ばれる最初に合格したメンバーだけで”乃木坂46ブランド”を作ってきました。それは小さいながらも”完成した世界”であり、PVの中でも”完成した世界”が表現されていました。ただし”完成した世界”の描写の仕方が「大正の女学校のユリ世界」だったのがずいぶん物議をかもしましたが。
その”完成した世界”に一人の新入生が入ってきます。それが二期生の代表である堀未央奈さんです。
堀未央奈さんは”完成した世界”に困惑し圧倒されつつも”完成した世界”を出ていく深川麻衣さんに託されます。

深川麻衣さんたちが築いたものを次世代の堀未央奈さんへ。「この子がいてくれるなら大丈夫」。深川麻衣さんは振り返ることなく”完成した世界”を去っていきました。

※なお、「ハルジオンが咲く頃」のダンスもそんな感じです。最後の最後に深川麻衣さんは堀未央奈さんを前に押し出すとともに、深川麻衣さん自身はその場にとどまって背中を見守ります。

 

P.S.ま、その後も今も一期生が乃木坂46の軸を担っているのは変わってないんですけどね
<乃木オタモード終了!>
そんなわけで山戸結希さんと堀未央奈さんには面識があり、PVの堀未央奈さんは異分子という作品の最重要ポジションでした。その堀未央奈さんをもう一度自分の作品でアサインしたってことは光るものがあったってことかもしれませんね。

 

 

ここから先は ホットギミック ガールミーツボーイ の感想です。ネタバレしてます!!

 

ホットギミック ガールミーツボーイ - キャラクターと俳優

登場人物過多でした。

成田初:堀未央奈さん 

堀 未央奈1st写真集 君らしさ

堀 未央奈1st写真集 君らしさ

 

内気でNOと言えず自分の意思を持てない姿(意思を言えないんじゃなくて持ってない)から、周囲に振り回されながらも強くなっていく姿は心地よかったです。その段階を踏んだ成長があったので、クライマックスでの怒鳴り合いは楽しく見ていました。

 

大きな声は成長の証。をしようとして大失敗した映画。

www.frederica-movie-review.com

以下にダラダラと各人への感想を書いていきますが、堀未央奈さんの成長物語と考えると他の人の整合性なんて気にしなくていいんですかね。

橘亮輝:清水尋也さん

冒頭のへたくそすぎるアプローチから想像がつきませんでしたがまさかの本命でした。
自転車の二人乗りするような関係性の友達がいるとは考えにくかったけど、予備校でも友達が豊富らしいし女子のアプローチを受けることもあるらしい。
女子は強引な男の子が好き*1だそうですが、あんなネクラ設定でも需要があるんですかね。確かに堀未央奈さんに無理に上からものを言っている清水尋也さんがかわいくは感じましたが。

田切梓:板垣瑞生さん

一番訳が分からない
堀未央奈さんを復讐の道具としてしか見ていないつもりだが好きになってしまっていた」はいい。それでも復讐の方を遂行したのはいい。
バーに連れて行ってマ〇すつもりだったのに失敗したら、テレフォンエ〇チで堀未央奈さんの裸体をゲットしたのに送り先がお兄ちゃんの間宮祥太朗さんだけだったという突然の規模の縮小ぶりも目をつぶろう。
だが、復讐相手が間違っていたことを気づいた後に、板垣瑞生さんが堀未央奈さんしれっと普通に話しかけていることがわけわからない。
板垣瑞生さんは根っからの悪党ではないし堀未央奈さんに恋心を持っていたことも描写されています。勘違いしているころは虚勢を張っていましたが、動画を送り付けたことへの後悔もしています。そんな普通の感覚を持っている板垣瑞生さんが、堀未央奈さんの前に顔を出せる理屈が私の中には見いだせない。

堀未央奈さんに合わせる顔がなくて学校を辞めるレベルだと思うけどな

成田凌間宮祥太朗さん

深堀しきれずにすっごい中途半端な存在になってしまいました。血のつながっていない妹を妹として見なくちゃいけない葛藤を描きたいというのは伝わってきました。だけど間宮祥太朗さんの動きが記号っぽい描写になっていて入ってこなかった。停止したエレベーターで自分を抑えるために堀未央奈さんの脚に上着をかけるけど、気持ちが抑えられなくなってキスしてみたり。でも堀未央奈さんが一人暮らしの部屋に来た時に手を出さなかったり。
それでも三人の中(清水尋也さん、板垣瑞生さん、間宮祥太朗さん)では一番整合性があるキャラクターだったかな?深堀されてないから、そう見えるだけかもしれないけど

成田茜:桜田ひよりさん

身も心もささげたい相手が堀未央奈さんが好きなので、堀未央奈さんを虐めてた妹さん。

お母さんの不妊治療の話と、その後に堀未央奈さんに席をはずさせての話は何だったんでしょう?そんな描写もあったし兄貴の間宮祥太朗さんが惚れている設定だったから、ずっと堀未央奈さんが引き取られた子だと思ってたよ。
冒頭は堀未央奈さんの閉塞感を生み出していて、中盤は堀未央奈さんの代弁をしてました。二人でカラオケを始めるシーンは姉妹ならではの絆を感じました。けど、桜田ひよりさんと恋人で本当は堀未央奈さんが好きな上村海成さんの駆け引きやらを描くなら他に時間を回した方がよかったんじゃないかなぁ。冒頭は堀未央奈さんの閉塞感を生み出して退場しても気にならないほど堀未央奈さんと男三人の関係性は濃かったと思いますよ。 

桜田ひより1st写真集「ひより日和。」 (TOKYO NEWS MOOK)

桜田ひより1st写真集「ひより日和。」 (TOKYO NEWS MOOK)

 

 

葛城リナ:吉岡里帆さん

端役だったので性格の整合性が保たれていない人。
話の整合性のために登場したので、キャラクターとしての整合性なんかどうでもよかったんでしょうね(笑)
堀未央奈さんに直接会いに来た理由は意味わからなかったし、話の内容は”謝罪”が1で”板垣瑞生さんのカリスマ性スゲー”が9。何しに来たんだ、こいつ

そーだ、思い出したよ。”板垣瑞生さんのカリスマ性スゲー”が作品の背骨の一つだと思うんだけど、田切梓(板垣瑞生さん)のすごさが全く描写されてなかったんだよね。モデルとして一世を風靡しているってのと人を引き付ける力があるってのは違うじゃない。これも作品に入りきれなかった理由の一つかなぁ。

ホットギミック ガールミーツボーイ - ネタバレ感想 ( 50 / 100 )

キスシーンが多かった。堀未央奈さんファンは悶絶したことでしょう。

裸体を自撮りするときに前後がないとそれとわからないモゾモゾとした描写で終わったのは乃木坂46ブランドのおかげなんですかね。拡散相手が間宮祥太朗さんだけだったのも乃木坂46ブランドかなぁと思ってしまいました。拡散相手が一人だけだったのは清水尋也さんの恋心のはずなんだけど、そう思っちゃったのは私が乃木オタだからですかね。

 

山戸結希監督!いろいろとやりすぎです。

冒頭から山戸結希監督の気合「少女漫画原作によくある単なる逆ハーレム映画にしてたまるものか!」という気合が伝わっていました。

気持ちの暗喩

私が見た山戸結希監督の前作『溺れるナイフ』でも暗喩のようなものが多く出てきました。会話をしている男の子(菅田将暉さん)と女の子(小松菜奈さん)の間に大きな水たまりがあって、その水たまりの大きさがそのまま二人の距離を示している描写なんかは好きでした。

f:id:frederica2014:20190701222246j:plain


冒頭は閉塞感がすごかったですね。マンションの閉塞感、妹に「まじめすぎ」とマウントされる閉塞感、”奴隷になれ”と言い出すやつがいる閉塞感。特に”マンションの閉塞感”は堀未央奈さんの心の暗喩として多用されていきます。
その閉塞感を開放してくれるのが、茶髪モデルの板垣瑞生さんのはずなんですが、その開放感のジメジメがすごい。

でも、今回はやりすぎです(笑)
特にバイパスの歩道で堀未央奈さんと吉岡里帆さんの会話のシーンで徹底されてました。堀未央奈さんが話すときは右方向の車が走る、吉岡里帆さんがしゃべるときは左方向の車の身が走る。二人の舌戦が激しいわけでもないです。(たぶん。ここで二人とも板垣瑞生さんが好きということを隠しているのかもしれないけど、私には受け取れなかった)

スタイリッシュに

基本的にジメっとしている本作ですが、センスが光る描写も多くあったと思います。私にセンスがないので全部を受け取れているわけではなくて申し訳ないのですが。
堀未央奈さんの寝床は二段ベッドですが、そこに女の子らしい花形のランプが複数ついていたのは素敵なセンスでしょう(たぶん。私にセンスがないので以下略)
でも、あのシーンはやりすぎじゃないですかね。
一人暮らしを始めた兄の間宮祥太朗さん宅を訪れた堀未央奈さんは、間宮祥太朗さんを受け入れることにしてベッドに横たわります。コーヒーを持ったままだったのでコーヒーが床にこぼれます。見ていない方は分からないと思いますが、堀未央奈さんは酔っているとかそういうことではなくコーヒーカップを持ったまま横たわるんです。そのままコーヒーがこぼれるんです。
もうすでにやりすぎですが、さらに続きがあります。
横たわった堀未央奈さんと正面で向き合うために、間宮祥太朗さんはそのコーヒーの上に寝そべります。スタイリッシュすぎて私には理解できません。
数年後にTVで「昔はこんな映画があったんだよー」と笑いながら紹介されるレベルです。


私にはamazonのCMでの子供がカップを倒したら大慌てで拭きに行く夫婦の方が理解できます。

セリフ回し

清水尋也さんは堀未央奈さんをバカ扱いします。そのバカとは、”NOと言えず自分の意思を持てない”ために流されていることであり、いじめることでしか相手とコミュニケーションが取れない小学生男子の好きアピールだったりしますが。ただ、激しい言葉は創作物としてのインパクトとして重要な意味を持つと思います
中盤に”NOと言えず自分の意思を持てない”ために流されている自分に気づいた堀未央奈さんが清水尋也さんに変わりたいと言い出します。それに対して清水尋也さんは「明日公園で待ってろ」と言います。
どうするのかなーと思ってました。ガリ勉の陰キャが人を変えることとかできるのかな?とか思ってみてました。翌日、普通に勉強を教えてました。試験対策をしてました。高校生だしそれも大事ですが、論点はそこじゃなくなかった?それと勉強教えるなら公園じゃなくてドトールかマックの方がよくない?
「俺だったら、役者をやってみることを勧めるかなぁ、強気な役などを演じることで自分にはなかったテンプレートが自分の中に作られるだろうから。あとは映画やら小説やらを読むことかな。」と思いながら見ていた分、普通に勉強を教えていることにびっくりしました。

 

その他、意味ありげな壮大チックな音楽を繰り返すとかやりすぎです。

 

エッジが利きすぎてて、堀未央奈さんの成長に集中しきれず

『ホットギミック ガールミーツボーイ』のキモは、クライマックス直前まで圧縮されていた堀未央奈さんの鬱屈の解放でしょう。

清水尋也さんを訪れた女の子を無視して大声で話しかけるところから始まるカタルシスです。そこまでの堀未央奈さんはそんなことできない女の子でしたから。
そこから二人は走り出して広い公園で歩きながら大声で語り合います。初めてイキイキとした堀未央奈さんが描かれます。でも何でだか開放感の共有ができませんでした。
一因の一つに場面が夕暮れ時だったことがあるかもしれないです。それまで鬱屈とした描写として画面が暗かったんですよ。特にマンションのシーンが薄暗かった。それと夕暮れシーンがつながってしまったのかもしれないです。

他には、間宮祥太朗さんを拒否した明確な理由がなく清水尋也さんを選んだ理由が分からなかった*2板垣瑞生さんがフランクに話しかけてくることへの違和感と罰を受けなかったことのモヤモヤ感*3。この辺がノドにつっかえてました

私の感じたノドのつっかえを吹き飛ばすほどのシーンにはならなかったなぁ。だってそこまでと同じく画面が暗いままだったんだもん。

ホットギミック ガールミーツボーイ のベストシーン

映画のキモ

桜田ひよりさんが語った「知りすぎちゃった私のことを知ってほしい」
たぶん、これが『ホットギミック ガールミーツボーイ』の骨子かと。


ほかには
こぼれたコーヒーの上に寝そべる間宮祥太朗さん
やりすぎですよ!

 

冗談

最後に桜田ひよりさんが上村海成さんに渡していたベーグルのカラフルさ
ひょっとしたらこのベーグルを”おいしそうだ”と思えるほど感度が敏感な世代向きなのかもしれないです。
私は「食い物に使っていい色じゃねえ。インスタ映えしか考えてねえだろ」と拒否反応を示してしまいました。

きれい・かわいい・色っぽい

中盤当たりの清水尋也さんの話を聞いている堀未央奈さんの真剣な顔
奇麗でした

ホットギミック ガールミーツボーイ の評判

2.59/5.0 (yahoo映画 2019/07/01)

自分のこと

ダイエット月間終了!98kgを89kgにしたよ!

*1:女子は強引な男の子が好き:つーか、人間はそんなもんだと思いますが。だって人間は誰かに従って自分で判断しないほうが楽じゃん。

*2:間宮祥太朗さんを拒否した明確な理由:単身赴任から戻ったお父さんを見た瞬間に、間宮祥太朗さんは家族という意識に戻った?と思うのはこれを書いてて思ったこと

*3:板垣瑞生さんに対する罪と罰:よーく考えれば裸をyoutubeにあげたわけでもなく間宮祥太朗さんに送っただけなので罰を描写しなくちゃいけないほどの罪じゃないのか?と思うのはこれを書いてて思ったこと

関連コンテンツ

スポンサー

スポンサー

スポンサー