フレデリカは日本映画ばっかり見ています<ネタバレ>

内容を知っている方だけどうぞ。ネタバレで感想や評価を書いています。たまに批評・解説になっちゃっているところもあり。評判は一通り書いてからチェックしています。

映画『フォルトナの瞳』40点/有村架純さんがかわいく、斉藤由貴さんがきれいだった

フォルトナの瞳

こんにちは。フレデリカです。

フォルトゥナって運命の女神であって先見の女神じゃないらしいですよ。

フォルトゥーナ - Wikipedia

 

フォルトゥナの鐘 - 作品情報

作品情報

fortuna-movie.com

  • キャスト:斉藤由貴さん、有村架純さん
  • 監督:三木孝浩さん
  • 脚本:坂口理子さん
  • 公開日:2019.02.15
  • ジャンル:俳優フューチャー
  • 上演時間:119分
  • レーティング: G

あらすじ&鑑賞前感想

www.youtube.com

幼少期に飛行機事故で家族を失った【木山慎一郎】(神木隆之介)は、友人も恋人もなくただ仕事のみに生きてきた。しかしある日、「死を目前にした人間が透けて見える能力」―フォルトゥナの瞳―を持っていることに気づき、生活が一変してしまう。自分はなぜこんな力を持ってしまったのか―苦悩する日々の中、偶然入った携帯ショップで【桐生葵】(有村架純)という女性に出会う。明るく、自分に対し夢や自信を与えてくれる彼女に心惹かれていき、孤独だった慎一郎の人生に初めて彩りが生まれる。互いに惹かれ合い幸せな日々を過ごす2人。しかしそれもつかの間、突然葵の身体が透け始めてしまう・・・

フォルトゥナの瞳 || TOHOシネマズ

 

 

フォルトゥナの鐘 - キャラクターと俳優

本編よりも、ヒロイン二人のきれいさに目がいってました。だって、本編は軽いんだもん 

f:id:frederica2014:20190222094423j:plain

ヒロインの二人

遠藤美津子 - 斉藤由貴さん

冒頭で慎ちゃんが二号店を打診されているときに、すっと登場してきた斉藤由貴さん。
あ、きれいな人だな。声もいいし。

斉藤由貴さんでした。びっくりした。劇中のが全て飛びそうになりました。

 

慎ちゃんは二号店を回し、事務処理などをしに斉藤由貴さんが出入りしているようですが、斉藤由貴さんと二人きりだぞ。親子ほど年が離れていようが、大恩ある人の奥さんだろうが、斉藤由貴さんと二人きりだぞ。ドキドキするだろうが!!

若い者を後押ししている姿も旦那をフォローしているのも旦那と若者をジョイントしているのもイイ!
最後までずっときれいでした。

 

桐生葵 - 有村架純さん

彼女はきれいですが、お姉ちゃんの愚痴がインパクトが強すぎで1映画で一度必ずお姉ちゃんの愚痴が脳裏をよぎります。

有村藍里さんの愚痴 

かわいかったなー。ずっとかわいかった。 

 

その他

宇津井和幸 - DAIGOさん

DAIGOさんは、家庭環境もあって上品で人にイヤなイメージを与えることはないけど、バカだと思ってました。愛すべきバカ

ですが、最近のDAIGOさんの出演作品を見ていると、役になり切ってました。”作品の世界を壊さない”というレベルではなく”作品の世界に、さらに色を付けている”レベル。

 

今回は、私のイメージにない、とてつもなく嫌な金持ちキャラでした。

 

もう認めよう。DAIGOさんは自分を磨けるすごい人だ

(さすが北川景子さんが認めるだけはある、という方向のほめ方はやめておきます)

 

遠藤哲也 - 時任三郎さん

見事な存在感のバランスでした。出すぎず引きすぎず。

主人公の親父さん代わりとして、ヒロインの夫として完璧な立ち振る舞いでした。

少しそれますが彼が言った「木山は時間つぶしのために仕事している」が本編関係なく胸に刺さりました、私に言われているようで。
ぼーっとしていると、家と職場の往復だけで一か月が過ぎてしまう私。もうちょっといろいろ能動的に行動していかないとなぁ。

 

黒川武雄 - 北村有起哉さん

透けて見えるのに医師を続けられたのはタフになったのか無頓着なのか。

私がフォルトナの瞳をゲットしたら、家から出れないですよ。店員がいるから食料調達にコンビニに行くのさえ怖い

 

木山慎一郎 - 神木隆之介さん

主人公でした。

 

 

フォルトゥナの鐘 - ネタバレ感想 ( 40 / 100 )

言いたいことは上記までに書き終わりました。二人がきれいでした。

ちょっとは本編の話

鴨川オモロー師匠*1が説教していた言葉を思い出しました。「点が線になってない。面白い点をつないで線に、線を面にしないと」

後半にずっと思ってたこと。「○○:○○発の電車に爆弾を仕掛けた」の電話でいいんじゃないの?補足するなら「解除してほしければ〇〇に2億もってこい」と犯罪者っぽいこと言えば、嘘でも停止して安全確認すると思うよ

 

2,3年前に特殊設定恋愛モノがはやったことがあります。時間軸が逆転している世界の女の子と恋に落ちたり、レコードを聴くと時間が巻き戻ったり。
それらに対して何かしらの理屈の下地がほしいと思ったことはなかったんですが、本作には理屈がほしくなりました。
「死を目前にした人が透けて見える」ところまでは、飲み込めました。けど、「助けると死に近づく」が飲み込めませんでした。狭心症になると具体的に体の症状が出てしまっている分、飲み込みずらかった。
助けることと狭心症の間にもう一つ理屈がほしかったです。

 

慎ちゃんの人物像もなんだかなぁといった感じ。「よくわからない」というよりは「なんだかなぁ」

6歳の飛行機事故から20年間ずっとふさぎ込んでいるって設定なんだろうけど、子供だからこそ切り替えられるだろよ。

今思ったんだけど、20年間ずっと人の死が見えていたからふさぎ込んでいたって設定なのかな?それだと、冒頭に透けて見えたことに驚いたことやなんだろうと思って後ろをついていったのと整合性がつかなくなる。
劇中の描写を見る限り、彼が人が透けて見えるようになったのは最近だよね

 

「フォルトゥナの瞳のよって運命を変えることができて、フォルトゥナの瞳があったからこそ有村架純さんに出会えた」感はあまりないんだよなー。普通に恋愛が始まっただけのように見えてる。
そりゃ二人の入り口がフォルトゥナの瞳であったことは間違いないんだけどさ。

 

 

二つは多い

回想シーンを締めまでやった。けど、その先に続きがあった。創作ではよくつかわれる手法です。でも1作品1回まででしょう。

・飛行機事故で女の子を助けていた

・エンゲージリングは投げていなかった

120分という尺の中で二つは多すぎる。しかもラストに畳みかけられたらおなか一杯。

 

フォルトゥナの鐘 のベストシーン

映画のキモ

喪服姿で並ぶ斉藤由貴さんと有村架純さん

ほかのシーンにないオーラを感じました。

 

本筋で行けば、「エンゲージリングを投げられなかった」という真実の部分かな?無色だった慎ちゃんに生きたいという色がついてました

 

冗談

本編全般。なんかこう、、、、冗談みたいにいろいろと軽い

 

原作の百田尚樹さんを私が知ったのは、大ヒットした映画「永遠の0」からでした。(未視聴)

そのあまりのヒットぶりから、重厚なものを書く人って認識があったのですが、私とは合わないのかもしれませんね。

私が全くはまらなかった百田尚樹さん原作の映画 

www.frederica-movie-review.com

 

きれい・かわいい・色っぽい

 

1.昨晩事務所に来た人のことを聞くときに慎ちゃんをうまくひっかけて、女性だったことを聞き出した時のうれしそうでいたずらっ子っぽい斉藤由貴さん

かわいかったです。

たまーにこの年代。もう「かわいい」と言われて喜ぶような年齢ではない方にすごいかわいさを感じることがあります。

その方々は同年代なので、自分が〇りこんではないってことかなーとは思っていますが。

 

ヒロインを差し置いてお母さん役のかわいさが爆発していた映画www.frederica-movie-review.com

www.frederica-movie-review.com

 

2.付き合い始めて、職場にお弁当を持ってきたときの有村架純さん

あのかわいさはなんだ!?

 

 

3.H後のベットで慎ちゃんを見つめるときにナチュラルにできた有村架純さんの胸の谷間

触りたいとか手を突っ込みたいではなく、ただただ見ていたい美しい谷間でした

 

 

フォルトゥナの鐘の評判

3.67/5.0 (yahoo映画 2019/02/22)

 

*1:鴨川オモロー師匠は実在しません。げいにん!というNMB48の番組での設定です。番組内で横山由依さんは超有名はがき職人という設定で、ラジオネームが鴨川オモローなんです。番組中で言っていたのは、漫才に対するダメ出しでした。面白い設定を思いついても使いきれていないことに対する説教です。正確には「設定のオモシロをその後の展開のオモシロが超えてこうへん!こんなところにこんな奴がおったらオモシロいんじゃなかろうかという点の発想で満足してんねん。その後にこんな展開が起こったらオモシロいんじゃなかろうかというのをちゃんと考えて点を線にしていく!それがコントや!」です。