フレデリカは日本映画ばっかり見ています<ネタバレ>

内容を知っている方だけどうぞ。ネタバレで感想や評価を書いています。たまに批評・解説になっちゃっているところもあり。評判は一通り書いてからチェックしています。

私の判断基準

こんにちは。フレデリカです。

 

過去の記事をみてどうやら私はこういった基準で映画を判断しているようだということをまとめてました。

自分の考えていることに気付いたら追加していきます。

点数

どうやらこんな感じらしい。

  100          日本人的な感覚で頂点は出せないんです。

     強いて言うなら私のバイブル「逆襲のシャア

  95-90  何も言わず見て!!

  89-80  いい映画ない?と聞かれたらお勧めする

  79-75  そのカテゴリで、いい映画ない?と聞かれたらお勧めする

  74-50       レンタルや月額料金の中で見れるんだったら見たら?

  49-40       普通に愚策。特に記憶に残すほどでもない。

  39-20       私の大事にしている部分がダメダメな映画。寧ろお勧め。
     一緒に文句を言いたい or 私が見落としている良さを語ってほしい

  19- 5  誰かに怒られそうなので出すのにためらい、一度も出してない 

  0  日本人的な感覚で頂点は出せないんです。

 

 演者の演技レベル

こんな感じで見ているらしい。 

  1. もはや私の目には違いが分からないほど素晴らしい
    海よりもまだ深く樹木希林さん)
  2. 決め台詞が自然に胸に入ってくる
    シン・ゴジラ平泉成さん)
  3. 決め台詞が粒だちすぎて”おお、かっけー!”と思ってしまう
    シン・ゴジラ大杉漣さん)
  4.  普通に見れる
    (若手は大体ここか一つ下。若手の中で上に行くのは上白石萌音さん・門脇麦さん・松岡茉優さん・二階堂ふみさんあたりかな?)
  5. ちょっとおかしいかな?
    (若手は大体ここか一つ上)
  6. もうちょっと頑張ろう!
    HiGH&LOW THE RED RAINの雨宮3兄弟の過去の子役たち)
  7. 感情移入するのを邪魔するレベル
    オオカミ少女と黒王子冒頭の山﨑賢人さん)
  8. 台本を読んでいる
    (さすがに見たことない。)
  9. カメラの奥にカンペがあるのが分かる
    (一度、マジックミラー号で見たことがあります。女の子がちらっちら外を凝視してるの)

ただ、そこまで演技レベルを重要視してないです。普通に見れればそれでOKです。記事の中でこのリストが出てくるのは「7.感情移入するのを邪魔するレベル」が主人公、もしくは複数人出てくる時。

 

初見に気にならなければ穴は穴ではない

私は面白いものを見たいのであって、整合性がきちんとしているけどつまらないものを見たいわけじゃない。

 

以下のつもりです。

面白いもの >>>(超えられない壁)>>>>整合性の取れたもの

 

なので、初見で私の目を不整合からそらしておいてくれれば十分です。あとから「あそこでAって言ってたのに、最後にBって言ってたのはおかしい」と思ってもノーカウント。

ただし、ミステリー物のトリックは別。

理屈をこねて理屈が正しいことが肝なので、初見ならごまかしきれるとかの作りはおかしい。

 

チロっと問題が。

映画の見過ぎで私の方が無駄にレベルアップして初見から穴に気づくようになってしまっている。さらに私は理屈バカなのでなかなか騙されない。

 

初見で38か所の違和感に気づいたのは本作がバカなのか私が映画の見過ぎなのか

www.frederica-movie-review.com

 

穴に気づいても、「んなこたあどうでもいいんだよ!」という超良作に出会うことを私は求めてならなかったりします。

 

穴もあるけど、「んなこたあどうでもいいんだよ」だった映画

www.frederica-movie-review.com

 

私の物語共感度

以前は最重要で求めていた部分でした。特に主人公に求めてました。

  1. 当たり前のように主役の心情がしみ込んでくる
  2. 自分も同じことを思うと思う
  3. 理解できるが、その感情は共感できない。私が同じ立場なら違うことを思う。
  4. 理解できるが、その感情は納得できない。
  5. 理解もできない。 

最近はあまり意識してないですね。でもリスト化していないだけで常に頭の片隅にはあるような気もします。 

 

フジテレビテンプレート

フジテレビの映画部が共有している映画作成術。

深い考察や人の闇を考える映画ではなく、デートで行くとキャッキャできる映画を作る。そのために絶対にカラッとしたハッピーエンド。変に深堀はしない。

 

映画の作り方とポリシーが固まっているため、確実に70点前後をたたき出す。けど、80点以上にもならない。

 

映画『ミックス。』/40点/眼福 で考察

話の始め方・広げ方・まとめ方とカメラワークはテンプレートとして部署全体で共有されているんでしょうね
なんか、テンプレートアプリに俳優と深堀する人数とバックボーンに使う題材を入力したら、脚本と撮影場所が出力される感じ。

映画『今夜、ロマンス劇場で』 で考察

フジテレビの映画製作部さんって、シナリオを作るのにこんな感じの流れがありそう
チェック項目(大)5個、チェック項目(小)20個のチェックシートがある。
チェックシートの(大)は5個すべて、(小)は10個以上をクリアしないとダメ
クリアしたら、(大)は1個、(小)は3個を改変して作品用にカスタマイズしていい
ここまでするからこそ、フジテレビ製作の全ての作品が「王道性」と「オリジナル性」を併せ持ち、一定レベルをクリアできているような気がする。