フレデリカは日本映画ばっかり見ています<ネタバレ>

内容を知っている方だけどうぞ。ネタバレで感想や評価を書いています。たまに批評・解説になっちゃっているところもあり。評判は一通り書いてからチェックしています。

2018年ブログ反省点と今後

変革して大失敗した年となりました。
ま、誰かに迷惑がかかっているわけではなし、挑戦する心意気やヨシ!ってことで。

 

グーグルに信用されてないブログ

色々変革した結果、ちょっとだけ信用されていたグーグルに全く相手にされなくなったような気がする。

12月に見た「ギャングース」「jam」「ニートニートニート」はtwitterのリンク押下数とアナリティクスのPV数がほぼ一緒。
参った。
グーグルから信用を失うと回復するのはかなり困難らしい。別にサイトを立ち上げて引越ししたほうがいいレベルらしい。引っ越さないけど。


とりあえず振り返ってみますよ。

 

失敗1.1映画2記事制

当時、テンプレートが太りまくってました。
テンプレートを埋めて、さらに書きたいことを全部書いてたら、5000字を超えることも多かったです。読みにくいし2つに分けたほうがいいかなと思ったのが最初ですね。

 

記事1.は映画の外側や導入しやすい部分。それと浅い部分を書いてました。フックのつもりでした。

  • 俳優さんが本作に言及しているSNSや本作のことを書いているニュースサイトの記事。
  • 俳優さんごとの感想
  • 作品のテーマではなく、”○○さんがかわいかった”という浅い感想。
  • のちにDVDで見た人がアクセスしたときに、公開当時のことを思い出しやすくする時事リンク
  • amazonアソシエイト
  • サイト内リンク
  • 箇条書きコーナー

 

記事2.は好きなことを好きなだけ書く。

  • まとめ箇条書きコーナー
  • 好きなことを好きなだけ書く。
  • クライマックス
  • ベストシーン

記事1で興味を持ってもらって記事2に読み込もうと考えてたんですが、記事1で帰られちゃうことがほとんど。セットでアクセスが増えていくかと思ってたんですけどね。

 

記事1だけで帰ってしまう理由はどれだろう。

  1. 興味を持ってもらえるような文章が書けてない
  2. 2記事目があるのがわからない
  3. 浅い部分の感想は共有できたので安心して帰る

  どんな割合にブレンドされているんだろうなぁ。滞在時間は1分以上はあるから、ざらっとは見てくれてるんだろうけど。

 → 1映画2記事制はやめました。根本対策にはなってないけどね。

失敗2.TWITTER,AMAZONアソシエイト

出演した俳優さんが本作に対してどんなことを語っているかがあったら面白いかなと。俳優さんのWEBページにリンクを貼ったら、映画の感想を書いているという信頼が上がるかなと。
結果、TWITTERの舞台挨拶の写真ばっかりが並ぶことになりました。それほど意味がなかったんだろうな。

AMAZONアソシエイトは収入というスケベ心がメインですが、記事に画像がなくて寂しいからくっつけたのが、今の形の始まりでした。数か月に一度1000円入ってきます。
 → やめる。

失敗3.世の中の事

公開から数年たって、DVDを見た方がアクセスしてくれた時に「この作品ってあの事件があったときに公開してたのか」と思ってくれたら面白いかなと思ったんです。だけどグーグルからすればメジャーサイトの映画と関係ない記事にリンクを張って関連性を偽装しようとしているようにしか見えないんだろうね。

 → やめました。新聞関係のページはすぐに404になるし。

失敗3-1.新聞系のページの404

404とは指定されたURLのページがないことを指すステータスコードです。

404にリンクを貼っておくことって確かグーグルさん嫌ってたよなぁ。

そこも影響しているのかなぁ。

失敗4.自信なさげな文章

よく使う文末
「と思います(個人的な感想)」「そんな気がする(個人的な感想。自信なし)」「感じたんだよねぇ(同調を求める)」「〇〇ってことは××ってことだよね?(同調を求める。自信なし)」
言い切ったり自分の考えていることに自信を持った言い方にした方がいいんだろうけど、創作物の感想ブログだからなぁ。登場人物や筆者の考えていることを「こうだ!」とは言えないよ。「こうだよね」「こうだと思うよ」と赤の他人の感想としか書けんよ。


「と思います(個人的な感想)」→ 
「そんな気がする(個人的な感想。自信なし)」→  
「感じたんだよねぇ(同調を求める)」→  
「〇〇ってことは××ってことだよね?(同調を求める。自信なし)」→  
こんな感じかねぇ

(→ピックアップまではできたんだけど、どう言い換えればいいかわからなかった....orz  2019年の宿題!)

 

失敗5.俳優名のタイトル化と非強調

私があこがれる人たちは記事の中で俳優名やタイトルを強調文字にしています。人によっては色を変えている方もいらっしゃいます。
一方私はhタグで俳優名を使っているだけのことも多いです。ほとんどの作品はキャラ名で書いています。
そのタイトルでにしか出てこない俳優名だと、やっつけ感とか出ているんですかね。文章の中にすっと出てきた方が、その人に対して書いている記事だと認識してもらいやすいのかしら。
俳優名はさんづけしているんだけど、それが邪魔になっている?

→ せめて俳優名のタイトルの中では2回ぐらいは俳優名を書こう。

 

失敗6.adsense

一番問題かも。グーグルさんから3つまでだといわれているのに5つぐらい貼っている。

 → デザインの変更を検討。スマフォファーストで考えてね。

失敗7.長すぎる目次

 → いろいろ捨てたらちょうどいい長さになりました。

失敗8.えいや!のhttps化

勢いでhttps化しました。

 

普通の通信がhttp。セキュリティを強化したのがhttps

そのため、httpsの中にhttpのリンクがあると「セキュリティがざるっすね」と判断されるらしいですよ。SEO的にどんだけマイナスかはわからないけど。

一度全部見直すつもりだから、それも一気に置換しちゃうか。

 

失敗9.映画以外の記事を取り込んでしまった。

はてな日記の方が終わるということだったので、向こうをエクスポートして、こっちにインポートしました。

ろじぱらさんを目指していたので、くすっと笑えるネタを毎日投稿してました。その数1000記事。

ろじぱらさんの足元にも及ばないクオリティーの低い面白短文。グーグルさんの信用を落としたかなぁ。

 

別にブログをたてて、そちらに置いとくんだったよ。今からでも移すかなぁ。

  → 移しました。簡単でした。これで記事が半分になりました。
   「映画」カテゴリよりもインポートした「日々思うこと」カテゴリの方が
   記事数が多いのは、だめだよなぁ、、、。
   突然、記事数が倍になって一か月後に半分になった。
   この動きをグーグルさんにどう取られちゃうか不安だけどね。

移し先。

yangtaylon.hatenablog.com

 

課題1.公式サイトリンク

 結構簡単になくなる公式サイト。ドメイン契約の更新をしないんでしょうね。
 → 最初は公式サイトのリンクを張るとして、なくなってたらどうしよう。アマゾンを張り付けておくか、パーツごと完全に消すか、代替になるサイトを見つけてそこに貼るか。ってどこだよ。
     → パーツごと完全に消すか。DVDを見た後に見に来るサイトなんだから、amazonなんて這っておいたって意味がない。
 → 今、「64」でひっかけて状況を確認したんですが、検索候補の中に「相関図」が出てきました。そうか公式サイトがなくなっちゃったら相関図がなくなるんだねえ。そうか、相関図か、、、、

課題2.”ネタばれ”の文字を外す?

 ブログタイトルに入っているし、記事の中でも盛大に言っているんで、個別タイトルにはいらないかな。

  → いらないや。外そう

課題3.タイトルの点数。

 タイトルに数字を入れておくとSEO的に得点が高いよって何かで見ました。うちのブログで数字と言ったら評価点しかないなと思って、それを入れてます。 

  → 少し下品な感じがしたんだけど、とりあえず入れておこう。

 
課題4.タイトルの俳優名と勢い

 やはり俳優名が強い!主人公の片割れの名前ぐらいは入れていきたい!。
 そして「!」を使っていきたい。30点以下なら!!!! 50点以下なら!!! 60点以下なら !! 70点以下なら! それ以上はなし。
  ! は「つまんねえもん見せやがったな」という怒りのバロメータ。いいものは冷静に丁寧に見ましょうという意味。

課題5.カテゴリ新設

 年末に「俳優フューチャー」というカテゴリを立ち上げました。そのカテゴリ分けとは別に「もう一つの話」カテゴリを立ち上げてみようかな。そしたら「〇〇のもう一つの話」という項目を作ってみよう。
 案に提示されているけど、裏ではこんなことが進行していたてきなことを気づけたら各感じ。近々で言えば「来る。」であり「来る。のもう一つの話」。
 ま、来る。って二つあるんだけどね。もう一つの話が。


成功?なぜDVDで見た作品にアクセスがあるのか。

DVDで見たってことは、公開してしばらくたっているから記事としての新鮮味はないです。
なのであまり力を入れていない。面倒な装飾はほとんどしてません。当時の俳優のSNSを探すのはめんどいし、最近の事件を書いてもその映画とは時期が違うから意味がないし。

つまり、上記の余計なことをしてないからアクセスが増えてるってこと


今後

  • デザインとadsenceの貼り方を考える。スマフォファーストで!ヘッダも見直し
  • entry/m3/をハイカード化。

戦いは数だよ兄貴!

ニッチな世界を網羅するつもりで作った邦画縛り。
そのニッチとやらの世界を網羅できてない!週に一本じゃ足りない!
天井はすぐそこ!だからやり切れる!と思う!

ちょっと前の記事で書いたこと。
公開する邦画をすべて見る劇場(完全な生活圏)
・地元の市川コルトンプラザTOHOシネマ
・職場近くのユナイテッド台場
  ※ユナイテッド台場は職場が近いからと言って就業後の開始の映画があるので、それは以下のどこかで見ること!
    →休日に自転車できてみようかな?

手持ちがなくなったら足を延ばす劇場(通勤途中にある建物)
錦糸町のTOHOシネマ
船橋のTOHOシネマ
・行徳のイオンシネマ(だったかな?)
豊洲のユナイテッド豊洲

押さえておきたいけど、生活圏じゃないのでやめておいた方がいい劇場
・渋谷のユーロスペース

書き直す?

1映画2記事制の頃の記事を今のテンプレートで1つにまとめる。
新しい順でいいや。そちらからの方が形が近いからやりやすい。

   ------
今のテンプレート

 

m3/18*****/****

アイコンを最初に設定すること

映画『*************』**点/*********************/ネタバレ感想と評価

 
discription:

見どころポイントを使って、役名を俳優名に置換して記載。

怒りのように、引きはブッキーのホモシーンなのに、あけたら記憶に強いのはひろせすずの暴行シーンの場合は注意。どちらをタイトルに使うか。

  ------------------------------------

 画像


こんにちは。フレデリカです。

★★★劇場でやった行動で面白さのレベルを示す★★★

★タイトル - 作品情報

作品情報

公式HPの貼り付け場所

  • キャスト:
  • 監督:***さん
  • 脚本:***さん
  • 公開日:2018.**.**
  • ジャンル:
  • 上演時間:
  • レーティング: G PR12 R15+ R18+

あらすじ&鑑賞前感想

動画の貼り付け場所

 

ここから先は ★タイトル の感想です。ネタバレしてます!!

 

★タイトル - キャラクターと俳優

★タイトル - ネタバレ感想 ( ** / ** )

総合評価をかく 

 

00-30  :猛毒×2  悪口をかけ タイトル強めに!!

31-50  :猛毒×1 毒×1   あまり時間をかけないように  タイトル少し強めに!

51-65  :毒×1 誉め×0.5 ここがだめのパーツを。あまり時間をかけないように

66-79  :誉め×1 毒×0.5   ここがいいのパーツを。あまり時間をかけないように

80-85  :激誉め×1 誉め×1 あまり時間をかけないように  タイトル少し強めに!

86-100:激誉め×2 ひたすらほめろ タイトル強めに!!

※見出しに 結末 ラスト 最後 を入れるといいかもしんない。

パーツ感想

パーツ感想

★タイトル のベストシーン

映画のキモ

冗談

きれい・かわいい・色っぽい

 

★タイトル の評判

**/5.0 (yahoo映画 2018/**/**)

 

その他

私のこと

タグ