フレデリカは日本映画ばっかり見ています<ネタバレ>

内容を知っている方だけどうぞ。ネタバレで感想や評価を書いています。たまに批評・解説になっちゃっているところもあり。評判は一通り書いてからチェックしています。

オレ様アカデミー賞 2018!<アニメ・CG・コメディ・アクション>

少なかったのでまとめました。

マジンガーZ

www.frederica-movie-review.com

なんかゲッターロボ関係のOVAっぽくなってません?

後半は大宇宙の意志的なものに話が流れていきました。そこには単純明快さはなく現代っぽい主人公の悩みが入ってきました。

ゲッターロボがわけわかんない規模になっちゃうなら、マジンガーZは地球規模にして多少なりともリアリティを残してもいいじゃん。ゲッター線がわけのわからない力を持っているけど、光子力は純粋なエネルギーでいいじゃん。単純でいいじゃん。

.それは規模が小さいのではなく、別路線ってことだと思いますよ。

 マジンガーZゲッターロボとともにロボットアニメ黎明期の伝説ですが、同じベクトル方向に行かなくていいと思うよ。

 

まだ少しアクセスをいただけます。
こんなに長くアクセスを頂けるとは思ってなかったんですよ。
この記事、コメント欄に満喫で書いた欝っている文章を書いてます。あれ、見られるの恥ずかしいんだよなぁ。どこかに移そうかな?

 

名探偵コナン

www.frederica-movie-review.com

www.frederica-movie-review.com

鏡子は差し出されたメモをはたき、叫びます。

「思いあがるな!!」

鏡子は羽場の連絡先を聞かずに去りました。

羽場との関係は公安の思惑の中で生まれた関係です。羽場との関係を続けることは「勘違いしているバカどもからの施し」を受けることになってしまいます。
だから、鏡子は羽場を捨てました。

彼らの選民意識と正義はまっすぐに否定されました。

 「思いあがるな!」は本当にびっくりした。そして、しまった!と思ったんですよ。

このシーンだけで、コナンのほかの映画とは一線を画します。


InfiniーT Force

www.frederica-movie-review.com

私にとって池田秀一さんは何をやってもシャアです。もはやその作品の中でシャアと同じ立場の人ということで池田秀一さんに仕事が回ってきているんじゃないかと思うほどです。ワンピースのシャンクスとか。

他に、古谷徹さんはアムロであり星飛雄馬です。野沢雅子さんはもう悟空ですね。田中真弓さんはルフィで、ちょっぴりパズー。

その辺を突き抜けたのが神谷明さんですね。

 

そんなレジェンドクラスではありませんが、関智一さんはドモンです。

 相変わらずドモンは熱いなぁと思いながら見てました。

銀魂

www.frederica-movie-review.com

www.frederica-movie-review.com

銀魂2を「ギャグ路線」「アクション路線」「シリアス路線」と分けたとき、
◎ギャグ路線
〇アクション
△シリアス路線

私にとってこんな感じになります。

 ギャグパートが面白かったです。

 

キングスマン

www.frederica-movie-review.com

CGはあくまでもアクションの補佐でした。

アクションで適当に動いてCGを付け足しただけと明らかにわかるシーンが1か所ありますが、それ以外はよかったです。犬とのバトルも好きです。エルトン・ジョンはお友達。

 今年唯一の洋画。何も考えず楽しめました。

曇天に笑う

www.frederica-movie-review.com

www.frederica-movie-review.com

Aはちょっと作業するだけ

Bはいろんな部署と調整してデータを書き換える。

そいつがいると全容も見えないうちに「A!」って言いきります。

そいつが「A」と主張したのは、理屈が通っているのではなく「楽だから」の一点だけなんですよ。そんなこんなだから、そいつの主張は必ず後で覆る。

今回の映画は、そんな感じがしたんだよなぁ。

マンガと実写の違いが分かってない映画。

 

アニメ・CG・コメディ・アクション部門賞

名探偵コナン
安室のかっこよさではなく、橘鏡子のかっこよさに感動。

 

関連コンテンツ

スポンサー

スポンサー

スポンサー