フレデリカは日本映画ばっかり見ています<ネタバレ>

内容を知っている方だけどうぞ。ネタバレで感想や評価を書いています。たまに批評・解説になっちゃっているところもあり。評判は一通り書いてからチェックしています。

メガネ買い物紀行

 おしゃれマスターを自称するオレとしてはメガネはキーアイテムです。

 そんなわけで新宿にメガネを買いに行ってきました。前回、人の流れに圧倒されたり、伊勢丹に負けて逃げてきたわけですが、今回は大丈夫!土曜日の午前中に行けばゆっくり選べる、おお!まさにコペルニクス的発想!金曜日の今日はさっさと寝よう! え?飲み?あの人来るの?じゃあ行かないわけには行くまい。わかったわかった、行くからメールでせっつくな!

 さて新宿にたどり着いたのは土曜日の一時過ぎ。すでに街は人で一杯だ。

 

どーでもよい説明  ~なぜ新宿なのか?~

渋谷、池袋、六本木、銀座、秋葉原。これらに代表される東京の各地は特有の色を持っています。それらの全てそろっているのが新宿だからです。若者がイキイキしている街、オトナでないと楽しめない街、外人が多い街、”萌え”に過敏に反応しなくてはいけない街。どの街の特色もほどよく取り入れているのが新宿だからです。

……とヤンが勝手に思っているだけなので深く突っ込まないよーに。

 

 街をぶらつく。おー、最近は5,250円でフレーム・レンズ・ケースがセットで買えるのか。……オレの度数は安レンズだと、とんでもない太さになりかねない。部屋用のメガネがほしくなったら、5,250円で作ってみよう。

 

 前回のメガネを作ったのは三年前。ツレらと旅行に行く計画を徹夜で立てていて一言。「(当時オレがかけていた)極厚黒フレームの中学生メガネをやめろぉ!」。翌日みんなで行って眼鏡屋に行った。それがJR新宿駅東口駅前、メガネスーパーである。

 とりあえず入った。店員が寄ってきた。それは今回のメガネ探訪ツアーで初めてまともに相手をしてくれた店員だった。

-どんなものをお探しですか?

-たとえばこのシルバーのフレームはいかがですか?

-こちらものは強度の高いフレームになっております

-こちらは?

-これは?

-私としては最初のフレームが一番フィットしていると思いますよ。

 

 気がついたら買っていた。

 

 ……そこ!このブログを見ているあなた!「なんだ、結局は店員に流されたのかよ、しかもチェーン店て」って顔をしない!似合うって褒めてくれたんだぞー……店員さんが。

 

■ニューメガネをしている僕を見かけたあなたへ。

 感想は

 優「かっこいー」良「よく似合ってるね」可「あなたはやればできる子よ」

いづれかにしてください。決して

 不可「(目を合わせずに)まずいだろ......それは......」

とか言わないよーに!立ち直れなくなっちゃうから♪

 

 

以上、おしゃれマスターのお買い物でした(言い切った自分を褒めたい)

関連コンテンツ

スポンサー

スポンサー

スポンサー