フレデリカは日本映画ばっかり見ています<ネタバレ>

内容を知っている方だけどうぞ。ネタバレで感想や評価を書いています。たまに批評・解説になっちゃっているところもあり。評判は一通り書いてからチェックしています。

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』50点/3つのポイントとベストシーン/ネタバレ感想と評価

f:id:frederica2014:20180818073653j:plain
橋本環奈さんの神楽。変顔するときは全力で変顔です。でも、かわいいときは本当にかわいかったです。

 
こんにちは。フレデリカです。

銀魂2 掟は破るためにこそある 作品情報

銀魂2 掟は破るためにこそある の3つのポイント

  • ギャグは秀逸
  • アクションはまあまあ
  • シリアス路線はうーん、、、、

全体感想- 評価:50/100

福田雄一監督さんのギャグは好きだが他は、、、、でもギャグだけ作ってればいいじゃん。ってものさみしい気もするしなぁ

銀魂2を「ギャグ路線」「アクション路線」「シリアス路線」と分けたとき、
◎ギャグ路線
〇アクション
△シリアス路線

私にとってこんな感じになります。

 

作品の作り方の近さとして
「ギャグ路線」---「シリアス路線」---------------------------「アクション路線」
 といった具合で、

「ギャグ路線」で秀逸なものが作れるなら
「シリアス路線」も素敵なものが作れると思うんだけど、全く別のモノなんですかね。

 

昔、明石家さんまさんが笑いとは「間」と「緩急」と言ってたことを覚えてます。

素人的に考えると、「間」と「緩急」は笑いだけでなく、感動やストーリーの作り方に共通するものだと思うんだけどね。

 

福田雄一監督さんの才能のベクトル

福田雄一さんはお笑いの映画を得意としているのは間違いないでしょう。お笑いだけ作ってりゃいいじゃんってのも違う気がするけど、、、、うーん、、、、ごめん、私はやっぱり福田雄一さん映画は徹頭徹尾お笑いをやっている映画が見たいです。

 

真選組という設定と私

銀魂2だけでなく原作からそう思ってたんだけど、受け取る側が実在の新選組を熟知しているのを前提で話を進めてるような気がしてならない。

新選組を知っている前提で、そこから少しずらした設定を作って実在の新選組との違いを楽しんでねって感じがするんだよね。

 

新選組の「近藤ー土方ー沖田」は鉄の絆があるのは日本人共通の認識。だから真選組は「土方ー沖田」の部分をちょっといじった。その違和感が面白い。という制作側の思惑。

一方で私の知識は幕末に新選組って組織があったってことぐらいしか知りませんでした。その知識不足は一般常識不足ではないと思ってます。

 

この辺の食い違いは原作の誕生経緯から発生するものなんですかね。

大河ドラマ新選組!」の人気に乗っかろうと新人の空知英秋さんを使ってジャンプで連載を始めたのが、銀魂らしい。おおもとの設定では新八は真選組の隊員だった)

 

私が新選組に触れた作品

どれも独自介錯が入りすぎていて史実としての新選組は知らないのと同じですね

 

アニメで違和感なくても実写では気づくこと

テラフォーマーズで感じたことと同じベクトルかな。

www.frederica-movie-review.com

伊東鴨太郎は真選組を使わなくてもよかったんじゃないの?

アニメを見ているときは思わなかったんですけどね。伊東が真選組に連れてきた一派もたくさんいるみたい(沖田が「見知った顔もいる」って言っているってことは列車にいた隊員のほとんどは伊東が連れてきたやつらだよね)だし、0から組織を作ればよかったんじゃないの?

 

実際の真選組近藤勇伊東甲子太郎の方向性がすれ違ってしまって粛清がおこなれたようですが。

油小路事件 - Wikipedia

 

伊東鴨太郎だけ優遇されすぎじゃない?

ハッピーエンドちっくに死んでいった伊東鴨太郎ですが、

彼だけすっきりして死んでいってもなぁ。伊東鴨太郎に踊らされて沖田に切り殺されたかなりの数の人たちの立場はどうなる。

 

万斉はなんで伊東鴨太郎を送り込んだんだっけ?

原作では、万斉たちが天人を江戸に潜入させるために警備している真選組を混乱させる。でした。

映画では、真選組そのものの弱体化を狙ってるんでしたっけ。ついでに「将軍暗殺しとこう」なんてスケベ心を出すような鬼兵隊かなぁ。

 

銀魂2 のクライマックスで土方十四郎との決着がついた伊東鴨太郎

原作では感動的なシーンなんです。銀魂2でもそういう扱いです。

でも、上で書いた通り「なんで伊東鴨太郎だけ救われて死んでいくの?伊藤側について死んでいった隊員たちの立場は!?」と思っていたので、うーん、、、、。

 

銀魂2 のベストシーン

映画のキモ

キャバクラで全裸の将軍の方を見ない女性陣

原作のせいにして、俳優陣がかなりの無理をしています。橋本環奈さんは銀魂で殻を破ったような気がします。それが次の「斉木楠雄のΨ難」につながったような気がします。

キャラの話だけすれば、神楽なりさっちゃんなりが握る流れになっても違和感はありません。けど「視線を下におろさない」どころではなく、「将軍の方を見ないでカメラ目線」でした。

実物を見つめるのは全員NGだったんですかねー。それとも引いちゃう人も出てくるラインと判断して監督が止めた?

 

冗談

冒頭の万事屋銀ちゃんを映したまま、3人でしゃべっているシーン(アニメで言うBGオンリー)

おかげで最初っから銀魂テイストに没頭されました。

 

きれい・かわいい・色っぽい

カツラップしているときの岡田将生さんの脚。

前作は堂本剛さんの脚がセクシーdした。銀魂の映画は男の脚で勝負するの?

 

他には

キャバクラ姿のパチ恵(菅田将暉さん)の胸元

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連コンテンツ

スポンサー

スポンサー

スポンサー