フレデリカは日本映画ばっかり見ています<ネタバレ>

内容を知っている方だけどうぞ。ネタバレで感想や評価を書いています。たまに批評・解説になっちゃっているところもあり。評判は一通り書いてからチェックしています。

映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』(2/3)間に合った!/ネタバレ感想と評価

1/3で前振りを書いてから見ました。

サッと書いて寝ようと思ってたけど、だめだ。

 

この映画をチャンピオン枠に入れそうだ。

 

私にとって唯一無二のチャンピオン枠の映画

 

見ている2時間じゃないんですよ!

ずっと乃木坂を見てきたというバックボーンがないとだめなんですよ

 

一年戦争を見た後じゃないと逆シャアの言いたいことがわからないのと同じように!

 

気づいてなかったよ。俺、AKB系のドキュメントに弱いんだった。

www.frederica-movie-review.com

www.frederica-movie-review.com

彼女たちを尊敬できる自分でいてくれてうれしい。彼女たちを尊敬できる自分に形成してくれたこれまでのすべての出会いに感謝!!

 

とにかく一番言いたいのは生駒ちゃんが卒業する前に見てよかった!卒業後だと感動が薄れるかぶれる。今見てよかった。

 

営業に電話を折り返してみよう!

 

細かくは後で!

 

------------------

損では「後で」です。

焦点を合わせたのは五人。まいやん、ななみん、なーちゃん、いくちゃん、そして生駒ちゃん。

 

悩みながら乃木坂を作っていきます。焦点を合わせた五人に共通しているのは、スクールカーストになじめなかったこと。

学校や教室って「閉鎖社会」って言われますけど、その通りなんですよね。まさにその社会だけで完結している。その狭い社会だけでトップを取る方法があり、スクールカーストのトップはその方法に長けています。

 

けど、乃木坂46は乃木坂46内のカーストでトップを取ればソレでいいという世界ではありませんでした。

周囲の大人たちは彼女たちを大きくするために無理難題をたくさん投げつけてきました。大きな転機はプリンシバルのようでしたが、ほかにもたくさん難題を投げてきたことでしょう。

その難題はスクールカーストのトップを小手先の策略で取るような連中は「下らない」と言い訳して別の楽な道を探すでしょう。

でも、彼女たちはやり遂げました。

学校が世界のすべてではない。学校という世界に馴染めないからといって社会に出て適応できないわけじゃない。

乃木坂工事中を見ていて思うのは、彼女たちは顔面偏差値だけで合格したんじゃないだろうなと感じます。適性検査のようなものがあって、根性や小手先の技に逃げないという精神を見定められたんじゃないかな。

スクールカーストで相対的なトップを取るのが目的になるような生き方ではなく、対外的に絶対的な位置を自分たちで把握して努力することができる能力。そしてその適性検査に私は合格できないんだろうなと感じます。

 

二つの転機ー1.プリンシバル

二つの転機ー2.交換留学生

路チュー事件。

 

まいやん

ななみん

なーちゃん

いくちゃん

いこまちゃん

 

 

関連コンテンツ

スポンサー

スポンサー

スポンサー