フレデリカは日本映画ばっかり見ています<ネタバレ>

内容を知っている方だけどうぞ。ネタバレで感想や評価を書いています。たまに批評・解説になっちゃっているところもあり。評判は一通り書いてからチェックしています。

映画『キングスマン ゴールデン・サークル』/60点/倫理もストーリーも全部捨ててアクションだけ/ネタバレ感想と評価

こんにちは。フレデリカです。

キングスマン ゴールデン・サークル - 作品情報

作品情報

http://www.foxmovies-jp.com/kingsman/img/cast/poppy_photo.png

 

公式HP

www.foxmovies-jp.com

あらすじ

表の顔は、ロンドンの高級テーラー。その実態はスマートにスーツを着こなし、人知れず世界を守る最強のスパイ機関:キングスマン。しかし、謎の敵の攻撃により基地は壊滅。残された2人、一流エージェントに成長したエグジーと、メカ担当のマーリンは、アメリカの同盟機関:ステイツマンと合流する。しかし彼らは、表ではウイスキーの蒸留所を経営するコテコテにアメリカンなチームだった!果たして、2つのチームは文化の違いを乗り越えて敵の陰謀を阻止することができるのか!?PG12

キングスマン ゴールデン・サークル || TOHOシネマズ

 

 

 

告知PV

www.youtube.com

 

キングスマン ゴールデン・サークル - ネタバレ感想- 評価:60/100

倫理も感情も政権争いもストーリーも全部捨ててアクションだけ。R12でよかった。

R12になった理由は、「手が女体を滑って行ってパンツの中に入っていくところ」と「ミートチョッパーに頭から突っ込まれてミンチにされて、そのハンバーガーを食べる」当たりなんだと思います。

 

けどR指定しなくちゃいけないのは、そこじゃねえよなぁ。

  1. 麻薬組織は絶対的な敵としていましたが、麻薬そのものが日常に蔓延しているのは認めた形になっちゃってたよね。売春宿や援交などの商売はダメだけど、SEXそのものを個人の楽しみはしょうがないって感じに見えました。
  2. テキーラの背景を複雑化するなら解決しなさいな。解決せずにミートチョッパーに放り込んで終わりだってんなら「敵組織のスパイ」でいいじゃん。
  3. かっこいいアクションのために、モブがびっくりするくらい簡単に死んでいく。

最後の3つめはよくあることとしても上の2つはねー。

 

アクションとCGがいい感じで組み合わさってました。

CGはあくまでもアクションの補佐でした。

アクションで適当に動いてCGを付け足しただけと明らかにわかるシーンが1か所ありますが、それ以外はよかったです。犬とのバトルも好きです。エルトン・ジョンはお友達。

 

日本アクション映画がよく使うアレ

迫力が足りないのか、日本のアクション映画はカメラをブラしながら撮ることが多いです。あれって場面が分かりくいんだよねぇ。目が疲れるし。

クライマックスのバトルで同じようなブレ技を使ってました。けど、わかりやすかったんですよ。何の違いだろ?画面が明るかったのかな?

 

スパイ映画に対する私の勘違い

私は007をそれほどちゃんと見たことがありません。そういった事情もあるんでしょうが、私はスパイ映画は超心理戦がメインになるカテゴリだと思ってました。画面は静かに進行するっていうイメージがあったんです。

スパイ映画のほとんどは最新技術の一歩先の技術を使いながらバトルするアクション映画なんですね。ガンアクションがメインの物語が多いんだろうな。

 

 

キングスマン ゴールデン・サークル - 関連グッズ

前作 

 

その他

評判

4.04/5 (yahoo映画 2018.01.29)

アクションがよかった!!の一択。

 

タグ

監督:-マシュー・ヴォーンさん-

脚本:-ジェーン・ゴールドマンさん- 

俳優:-タロン・エガートンさん-  -コリン・フゼスさん-  -ジュリアン・ムーアさん-  -マーク・ストロングさん-  -ハル・ベリーさん-  -チャニング・テイタムさん-  -ジェフ・ブリッジスさん-  -ペドロ・パスカルさん-  -エドワード・ホルクロフトさん-  -ハンナ・アルストロムさん-  -ポッピー・デルヴィーニュさん-  -ブルース・グリーンウッドさん-  -エミリー・ワトソンさん-  -ソフィ・クックソンさん-  -マイケル・ガンボンさん-  -エルトン・ジョンさん- 

最近の世の中

私のこと

 BGM代わりに流していたyoutubwで麻雀対決が始まったら、完全に手が止まりました。プロではなく、芸人とアイドルの対局。スピードや無駄話具合がちょうどいい。

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村