フレデリカは日本映画ばっかり見ています<ネタバレ>

内容を知っている方だけどうぞ。ネタバレで感想や評価を書いています。たまに批評・解説になっちゃっているところもあり。評判は一通り書いてからチェックしています。

実写映画『心が叫びたがってるんだ。』感想/評価:75点/アニメの勝ち部分・実写の勝ち部分

こんにちは。フレデリカです。心が叫びたがっているんだ を見てきました。
アニメが上回っているところ・実写が上回っているところ 両方ありました。

 

kokosake-movie.jp

 

実写映画『心が叫びたがってるんだ。』の見どころポイント

  • 順ちゃんの心が軽くなっていく姿
  • 田崎の苦悩
  • 仁藤ちゃんの恋心
  • 坂上は媒体。

 

では実写映画『心が叫びたがってるんだ。』のネタバレ感想です。アニメを見ている前提です。

こんな作品でした。

www.youtube.com

あ、違った。こっちだ。(でも二分半にまとめると乃木坂46の歌になります)

www.youtube.com

実写映画『心が叫びたがってるんだ。』の評価は75/100

コミュニケーションが苦手で本音を言えない少年・坂上拓実は高校3年生のある日、担任から「地域ふれあい交流会」の実行委員に突然任命され戸惑う。一緒に任命されたのは、全く接点のないクラスメイトの成瀬順。幼い頃に何気なく発した言葉によって家族がバラバラになってしまったことが原因で、喋ろうとすると腹痛が起きてしまい、コミュニケーションは筆談のみ。クラスメイトからは変わった子だと思われている。担任から出し物としてミュージカルを提案され、ヒロインを演じることになった順は、拓実からのある言葉をきっかけに<今まで心に閉じ込めてきた想い>を歌にして伝えると決心するのだが…

TOHOシネマより)

 f:id:frederica2014:20170722232258p:plain

 

ホテル廃墟でのカタルシス度は減っているものの、その後のミュージカルは見事でした!

 アニメではあまり深堀されなかった坂上の心の中を丁寧に描かれているかと思いましたが、むしろ順ちゃんに集中してました。とっ散らかったり、 中途半端な深堀をたくさんして軸がなくなるよりよほどよかったです。

 

どうしてもツッコミたいこと

本番の前日、坂上と仁藤がいちゃついているのを順ちゃんが見てしまって大ショックを受けます。んで、本番当日に来ません。

 前日の視聴覚室での会話を二人から聞いた田崎は

「なにやってんだ、お前が責任取れ!」と言い出します!

田崎、お前が順ちゃんを視聴覚室に行かせたんだろうが!

 

「心が叫びたがっているんだ」アニメの勝ち・実写の勝ち

こちらを見たほうがいい!と言えると思ったんですが、どちらにも良いところがありました。

実写は坂上のスペックが上がりまくっている

坂上の音楽に対するスペックが「今は引退したけど、昔は世界の第一線で流行を作り出す側にいました」みたいな感じがしました。特に順ちゃんからは何でもできるスーパーマンに思われていたことでしょう。

アニメでもスーパーマンでした。けど高校生感が残ってるのを感じてたんだよなぁ。

 

なのに、実写ではパーフェクト超人度が下がっている

音楽に関してはアニメ以上の才能を発揮しているように見えるんですが、坂上の性格を深堀してないんですよ。実写版の坂上って 順ちゃん・仁藤・田崎の物語を深堀する媒体にしかなってない感じがするんです。

 

アニメ版を見た時の感想でこんなこと書いてます。

高校生のクセになんでああまで自然体なんだよ。童貞臭なしだよ。なんでいうことやることが全部イケメンなんだよ。しゃべれない気の小さい子をフォローしつつ、クラス1の美女(もしくはクラスの中心?)となんで自然体で話せるんだよ。高校生だろ、あせろよ。(私がどんな高校生活をすごしてきたかばれるかな?)

心が叫びたがってるんだ。/「痴情のもつれ?」

実写でも同じことしてたと思うんですが、アニメに感じた「むかつくほどの余裕」ってのが感じられなかったんですよね。

 

だからホテル廃墟のシーンの厚みが足りない。

アニメ版を見た時の感想の中で上の引用の続きでこんなこと書いてます。

それらのもやもやを順ちゃんに全部言われちゃった。私が気づいてなかった仁藤への感想まで言われちゃったよ。主人公チームなのに一切言及されなかった田崎くんがちょっと不憫でした。

順ちゃんの言葉が堰を切ったようにあふれ出したんですが、アニメの時のカタルシスがありませんでした。実写の描写は「計画通りダムから放流」って感じで、アニメの描写は「ダムが台風で決壊!」って感じでした。

私が『心が叫びたがってるんだ。』で一番強く覚えていたシーンはアニメの勝ちでした。

歌いだしは実写の厚みがありました。

”こりゃアニメの方の勝ちだな”と思いながら続きを見ていたのですが、客席の奥から歌いながら出てきた順ちゃんの姿に感動。直前のお母さんの苦悩がスパイスとしてうまく聞いてました。

そこから先は実写の勝ちだなぁ。やっぱり実写の厚み。このミュージカルが「0の状態から30日で高校生が作った」ってことは忘れて楽しめました。

 

二番煎じとして作らなくてはならない厚みの方向性

後発は、前作を見ることができますから長所を伸ばし短所を改めることができます。私はそれを「坂上の心の深堀」になるだろうと思いましたが、坂上・順ちゃん・仁藤・田崎の深堀の配分を順ちゃんに集中した感じになってました。

ベッタベタの例のシーン

アニメを見ているときも目をそむけたくなったベッタベタなシーン「喧嘩を歌で止める」。これを実写でやられたら見ているこっちの顔が赤くなると思ってたんですが、歌うところを短くしてきました。

そのときは「よかったー」と思ったんですが、ホテル廃墟に集約していくパワーが少し減ったかもしれないと思いました。

 

田崎の野球部問題

学年をはっきり明記していませんが、4月中の物語です。ってことは、夏の大会があります。アニメの時に書いた文章をそのまま載せますが、「私は途中まで3年生の夏をひじを怪我して出場できずに引退したのに、後輩に威張り散らしていると思ってました。まだ現役なのね。だったら別に威張り散らしててもかまわなくない?」

 

仁藤ちゃんの恋心

最初は、オミットされているんじゃないかと思うほど、坂上との関係が良好でした。

最終的にはくっつくわけですが、もうちょっとちゃんと嫉妬してほしかったな。

 

藤島ジュリーパワー?

実写版のスタッフロールを見ていたら藤島ジュリーさんの名前を見つけました。

んで、うち帰ってきてwikipediaにこんな記述を見つけました。

原作(アニメ版)からは以下のような設定の変更がある。

  • 主人公が順ではなく拓実になっている。
  • 順の父親に名前の設定(泰史)があり、順が父親の不倫を目撃するのは5歳のときとされている。
  • 作品の舞台となるクラスは「3年2組」である
  • 「地域ふれあい交流会」は揚羽高校以外の団体も参加するイベントで、開催年月日は「2017年5月20日」、会場は実在する秩父宮記念市民会館である。

心が叫びたがってるんだ。 - Wikipedia

 この記事では「坂上は他者の深堀の媒体になっているだけ」と言い続けていますが、主人公に昇格していたらしいです。事務所の力ってスゲーや!

 

アニメ「心が叫びたがっているんだ」の思い出

 実写とは全く関係ない。アニメ版の思い出です。

順ちゃんは明治の大好物ですね。

www.youtube.com

乃木坂46のテーマ曲が見事に”順ちゃん”でした。

www.youtube.com

アニメ映画豊作期の先鋒でした

心が叫びたがっているんだから、名作アニメが連続したような覚えがあります。 

よく見ると心が叫びたがっているんだだけ2015年だったね。

 

実写映画『心が叫びたがってるんだ。』のCAST

坂上拓実-中島健人さん

主人公というか、狂言回しというか。

中島健人さん出演作品

 

成瀬順-芳根京子さん

主人公。ホテル廃墟で一気にしゃべりだしたときのカタルシスがなかったのが本当に残念。

 

芳根京子さん出演作品


 

仁藤菜月-石井杏奈さん

仁藤の恋心がうまく表現できてなかったなぁ。アニメの時の「自分と坂上」と「順ちゃんと坂上」の距離感を比べてへこむとかなかったもんなぁ

 

石井杏奈さん出演作品


 

田崎大樹-寛一郎さん

最後の最後に「成瀬が好きだー!」エピソードを無理やりぶち込んでました。アニメ版で一番の失敗の変更部分ですが、こっちの方がましかも

 

城嶋一基-荒川良々さん

観に行く前に一番想像がつかなかったんですが、いい感じでこなしてました。

荒川良々さん出演作品

 

成瀬泉-大塚寧々さん

アニメ版よりも順ちゃんに焦点を当てたので、ある意味で準主役でした。

 

大塚寧々さん出演作品

 

 


 

主題歌とサントラとか関連グッズ

原作 とアニメ

心が叫びたがってるんだ。(完全生産限定版) [Blu-ray]

俳優さん

JMK中島健人ラブホリ王子様 DVD BOX

芳根京子ファースト写真集『ネコソガレ』

a,i

大塚寧々写真集―ルージュの戯れ

実写映画『心が叫びたがってるんだ。』の3ポイントまとめ!

  1. 順ちゃんたちの深堀の媒体に坂上がなってしまっているので、私が一番深く記憶しているホテル廃墟シーンにカタルシスがない。
  2. ミュージカルシーンはよかった。
  3. アニメはよくあんなに詰め込んだなぁという気がしてきた。(思い出補正で美化しているとは思うけど)


実写映画『心が叫びたがってるんだ。』の評判

 4.14/5

yahoo映画より(2017.07.23現在)

 

アニメの方がよかった、実写の方がよかった。トントンぐらい。

順ちゃん役の芳根京子さんを称賛する声はほぼ全会一致

 

タグ・その他

タグ

監督:-熊澤尚人さん-

俳優:-中島健人さん-  -狩野見恭兵さん-  -芳根京子さん-  -平尾菜々花さん-  -石井杏奈さん-  -森七菜さん-  -寛一郎さん-  -荒川良々さん-  -大塚寧々さん-  -金澤美穂さん-  -萩原みのりさん-  -西山潤さん-  -川村亮介さん-  -上川周作さん-  -森田想さん-  -尾屋葵さん-  -小平大智さん-  -桜井美南さん-  -堺小春さん-  -近藤里沙さん-  -真田真帆さん-  -小林万里子さん-  -塗木莉緒さん-  -長田侑子さん-  -亀田侑樹さん-  -吉田志織さん-  -井上拓哉さん-  -宮坂健太さん-  -岩井拳士朗さん-  -影山樹生弥さん-  -福島綱紀さん-  -河野宏紀さん-  -平原テツさん-  -福山康平さん-  -吉田翔さん-  -松山愛里さん-  -三田村周三さん-  -髙橋かすみさん-  -林悟さん-  -稲川実代子さん-  -ANXRAさん-  -俵木藤汰さん-  -荒谷清水さん-  -セレステ・イシイさん-  -水瀬いのりさん- 

最近の世の中


 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

注目記事