フレデリカは日本映画ばっかり見ています<ネタバレ>

内容を知っている方だけどうぞ。ネタバレで感想や評価を書いています。たまに批評・解説になっちゃっているところもあり。評判は一通り書いてからチェックしています。

映画『3月のライオン 後編』感想/評価:69点/全てがちょっとずつ腑に落ちない

こんにちは。ヤンです。

 

www.3lion-movie.com

 

  • 公開日:2017.04.22
  • ジャンル:青春
  • 上演時間:140分
  • レーティング:なし

こんな方に映画『3月のライオン 後編』はおススメ!

  • 前編で失望した方。巻き返しがあります。
  • 倉科カナさんファンの方。綺麗でかっこいいですよ。
  • 男の和服姿が好きな方。びしっとしててかっこいいよね。

残念ながらこんな方には3月のライオン後編をおススメできません

  • 親や教師は人格者だと信じて疑わない人。
  • アクションや爆発がないと飽きちゃう人。

 

では『3月のライオン』のネタバレ感想です

こんな作品でした。

www.youtube.com

3月のライオンの前編レビュー

movie-review.hatenablog.com

 

 

映画『3月のライオン 後編』の評価は69/100

新人王を獲得した零はイベントでタイトルホルダーの宗谷と対局することになる。負けたものの糧になるものを得た零だった。

 

零は世話になっている川本家で起きる事件を解決しようとするが、返って川本家を混乱させるだけだった。

3月のライオン 前編がびっくりするほどつまらなかったです。それでも前編を65点にしたのは話のスジは通ってたから。(整合性が保たれているだけで50点超えは甘いかなぁ。もうちょっと過激に降ったほうが注目されやすいのかしら?)

 

前編の貯金

んで今回の冒頭にあかりだったか誰かが言いました。「桐山くんが来るようになってもう一年かぁ」。3月のライオンの前編をプロローグのみで構成しているんじゃないの?と評しましたが、ひょっとしたら原作は本当にこのあたりからスタートなのかもしれません。

 

んで後編なんですが、十分面白かったです。でも前編の貯金がぎりぎり間に合った感じかなぁ。一番わかりやすいところでいえば零と川本家の絆です。

前編で零と川本家の交流は理解しました。決して共感したわけでも心にしみ込んだわけでも感動したわけでもないんです。

理解です。「零と川本家の間には家族以上の絆があり、零の心のよりどころになっているっていうことを描きたいんだよね」という理解です。

後編はそれを使っていますが、心にしみこんだわけではなく理解しただけなので感情移入しにくかったです。

 

後藤の背景も、幸田家の問題もそんな感じ。

 

獅子王戦の決勝

因縁の後藤との戦いですが、全てが乗っかればよかったんですが、少しはみ出しちゃいました。それが残念。

 

 

獅子王戦の決着がすべての決着、、、にならなかったね。全てがちょっとずつ腑に落ちない

3月のライオンのクライマックスは獅子王戦の決勝です。すべてがリンクしていれば、、、綺麗だったんだけどね。全てがちょっとずつちょっとずつ腑に落ちない

後述しますが、川本家を助けようとして、やっちまった零。その後悔を全てぶつけました。

ここまで戦えば負けても納得。の緊迫感がありました。ただ、将棋しかないロクデナシになった零が将棋によって救われたり、川本家のおかげで勝ったりしたわけじゃない。

勝った後、これまでの全てに感謝をみたいな感じで出会った人たちを思い出してましたが、、、、川本家を最後にしたかったのはわかるんだけど、最初に川本家を思い出したんじゃないのがなぁ。。。

ちょっと腑に落ちない

 

後藤

妻の死を枷がなくなったと言い切り、香子を「妻のことを忘れるための道具だった」と言い切り捨てました。敵役として完璧です。情を捨てて将棋に全てを賭けた後藤。

対局中に零が壊れた時に心配そうな顔、つまりは情が残ってるような感じの描写に見えてしまいました。

最後まで将棋だけを考えるキャラであった欲しかったなぁ。

 

 川本家-父親とデート

ここは少し獅子王戦とリンクしてました。零に後押しされて(形はどうあれ)、決断しました。ここは獅子王戦とちゃんとリンクしてたと思うけど、、、、一方の結果が他方に影響が出たわけじゃないんだよね。

3月のライオンのメインテーマの二つだから同時進行だったんだよね。

 

香子・幸田家

幸田家。特に香子。酔いながらでも父親に気持ちを吐露したから少しは進展したように見えたけど、、、、何にも解決しなかった。。。。。しかも香子は後藤のところに戻ろうと必死だし。獅子王戦の間は「この家は将棋に呪われている!」で締めてました。

 

香子と歩の件は、獅子王戦が終わった後に完全に別口で話を締めていました。獅子王戦に絡めてくれるときれいなんだけど、、、、無理か、、、、。

 

ところで、歩は零vs宗谷のチケットもらったら逆上するんじゃないの?

素直にもらえば話としては綺麗かもしれないけど、、、、話が無理すぎるよね、、、。将棋に挫折して、親父に零の名を出して大喧嘩して、零が自分の成功した姿を見に来いって言っているわけだよね。

「ドアを開けてチケットを受け取る」よりも「ドアを開けて腹を刺す」の方が納得しやすいぞ。

 

 

川本家の親父さん。誠二郎。

wikipediaにありました。

美咲曰く「口から生まれた男」で相手が自滅したり、あきれ果てて戦意喪失させる状況を誘うため、情の無い発言「マシンガントーク」が多く

私は「あきれ果てて戦意喪失させる」で負けると思います。そういう人たちに口八丁で勝てるわけがないので、何を言われても「なんかヤダ」で押し切るしかないと思うけど、そう考えている段階で、相手の術中なんだよなぁ。

 

ひなたのいじめの件

一見、全く必要なさそうな日向のいじめの問題。見ているときは、何だこりゃ?と思ってました。原作では人気のエピソードだったのかもしれませんが、本編には関係ない。しかも零は何もできなかった。こんなのを差し込んでいるから、3月のライオン後編の上映時間が140分になるんだよ!とか思ってました。

けど、通してみると必要でした。

親父さんが現れた時に、零があれだけ必死になったのは名誉挽回したかったんだよね。だれも軽蔑したわけではないし、ひなたは感謝もしていたのに。

 

でも零は勝手に焦りました。その背景がなければ誠二郎に対する零の攻撃力が上がったことに納得ができなかったでしょうね。

 

ところで零は誠二郎のことを色々調べ上げてたけど、探偵でも雇ったんですかね。

3月のらいおんの設定を理解した。

零と川本家の関係がやっぱり「理解」なんですよねー。前編で零の心のよりどころとして川本家が機能しきれなかったんですよ。零の人間関係の中で、川本家はわりかし暖かな方ぐらいの立ち位置だったんですよ。暖かな世界は川本家の外にも持っていました。担任とか、二階堂とか、島田師匠とか。

だから、やっぱり「川本家を将棋とは関係ない唯一の心安らぐところにしたいんだろうなぁ」という理解になってしまいました。

 

対 宗谷

出演させてしまったからには、いじらなくてはならない宗谷。後編の一発目に主人公と対局させちゃって処理させちゃうのはありかも。

でも、マンガでは有効に機能したであろう「対局すると自分の弱いところと対峙することになり、精神をぼろぼろにさせる」は設定だけでしたね。

 

映画『3月のライオン 後編』のCAST

桐山零-神木隆之介さん

 宗谷とのイベントマッチでは髪をかっこよくセットされるとかなく、ぼっさぼさのままでしたね。

神木隆之介さん出演作品

幸田香子-有村架純さん

 立場が半端になっちゃった人。「後藤の雑音として出てきて獅子王戦の後は二度と出てこなかった」の方が綺麗なんですが、お姉ちゃんだしなぁ。有村架純さんをそんな風に使い捨てするのはもったいないし。

 

www.instagram.com

有村架純さん出演作品

川本あかり-倉科カナさん

 綺麗でした。でも、零の前で見せた涙が、零の暴走の最後のトリガーになってしまいました。

零に頼らずに親父さんと対峙したのはかっこよかったよ。年上で長女の面目躍如でした。

 

ameblo.jp

川本ひなた-清原果耶さん

突然、結婚と言われて倒れちゃった。気持ち的には「お兄ちゃん」らしい。

 

lineblog.me

清原果耶さん出演作品

川本モモ-新津ちせさん

 

co-family.net

二階堂晴信-染谷将太さん☆

原作ではあんなに目つき悪くありません(笑)

二階堂晴信 - Google 検索

 

eiga.com

染谷将太さん出演作品

島田開-佐々木蔵之介さん

 

佐々木蔵之介さん出演作品

宗谷冬司-加瀬亮さん

 羽生さん。揺るぎありませんね。

 

後藤政宗-伊藤英明さん

 名前の元ネタはパトレイバー後藤隊長らしい。パトレイバーの後藤さんは、昼行燈なんだけどね。

 

伊藤英明さん出演作品

幸田柾近-豊川悦司さん

 

豊川悦司さん出演作品

川本相米二-前田吟さん

 

 

林田高志-高橋一生さん

 

 

神宮寺崇徳-岩松了さん

柳原朔太郎-斉木しげるさん

将棋会運営事務局の偉い人たち。

 

三角龍雪-中村倫也さん

松本一砂-尾上寛之さん

 

川本美咲-板谷由夏さん

 

www.instagram.com

 

板谷由夏さん出演作品

 
 

主題歌とサントラとか関連グッズ

主題歌 とサントラ

【Amazon.co.jp限定】Someday / 春の歌(初回限定盤)(CD+DVD)(藤原さくらオリジナルポストカード絵柄D付)

原作 とアニメ

3月のライオン 12 (ヤングアニマルコミックス)

監督さんと脚本さん

秘密 THE TOP SECRET [DVD]

大友啓史さん監督作品

俳優さん

 

11人もいる! DVD-BOX

有村架純 2017年週めくりスクールカレンダー 卓上タイプ

倉科カナ ワタシハココニ

フォトテクニックデジタル 2016年 4月号

欲望 [DVD]

 

 

 

映画『3月のライオン 後編』の3ポイントまとめ!

  1. 零の10代らしい暴走と悔恨
  2. 全てが獅子王戦に集約しきれなかったのは少し残念。
  3. ひなたのいじめの話は、本筋で関係なさそうだけど重要。

映画『3月のライオン 後編』のベストシーンとセリフシーン

ベストシーン

獅子王戦の決勝で心の中がぐっちゃぐちゃになって、ひたすら頭を掻きむしる零

この後、前編で戦うことさえもかなわなかった後藤に勝った零。

 

それと、歩の部屋のドアにつけてあった「真島出現注意」のシール

真島ってのは私の知っている真島の兄さんでいいのかな?

 

どこにでも現れる真島の兄さん。若かりし頃を描いた龍が如く0がかっこよすぎです

www.youtube.com

 

セリフシーン

高城のいじめに冷静に戦おうとするひなたよりも先にきれちゃった先生

「いい加減にしてぇ!毎年毎年!」

本編には直結しているシーンじゃないですが、ビビりました。

 

本筋だとあかりの父との決別の言葉。

誠二郎さん

 

零の言葉がないのは、伝えたいことを映像で見せてくれてたってことかな?

 

映画『3月のライオン 後編』の評判

4.33/5

yahoo映画より(2017/04/25現在)

  • 感動!(5割)
  • トーリーのピントが合ってない(3割)
  • 前半の方がよかった(2割)

 って感じかな?

 

 

タグ・その他

タグ

監督:-大友啓史さん-

脚本:-岩下悠子さん-  -渡部亮平さん- 

俳優:-神木隆之介さん-  -有村架純さん-  -倉科カナさん-  -清原果耶さん-  -新津ちせさん-  -染谷将太さん-  -佐々木蔵之介さん-  -加瀬亮さん-  -伊藤英明さん-  -豊川悦司さん-  -前田吟さん-  -高橋一生さん-  -岩松了さん-  -斉木しげるさん-  -中村倫也さん-  -尾上寛之さん- -板谷由夏さん- 

 


 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

注目記事