フレデリカは日本映画ばっかり見ています<ネタバレ>

内容を知っている方だけどうぞ。ネタバレで感想や評価を書いています。たまに批評・解説になっちゃっているところもあり。評判は一通り書いてからチェックしています。

オレ様アカデミー賞 2016!<CG>

CG枠です。私にとってはCGの美しさはどうでもいいです。

 

けど、それがその映画の特徴なのでこのカテゴリに入れているもの

 

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

movie-review.hatenablog.com

みなさんからコメントを頂いていて改めてこの映画のことを考えてやっと言葉が見つかりました!
「私の目は消耗品じゃない。」とか
「目の大事なパーツが削られ戻ってこないと思っています」とか
書いてますが、ようするに
「目の老化が早まりそう」
ってことです。すっとした!

 

ありがたいことに賛否のコメントをたくさんいただいた記事です。

 

 

テラフォーマーズ

movie-review.hatenablog.com

 

半クライマックス直前に前の列の人が席を立って外に出ていきました。もちろん私の前を遮ります。

あー、飽きちゃったか、でも荷物持ってないな、トイレかな、足元くらいから転ばないといいなー

 さえぎったことに対して怒りはなく、その人を観察し、かつ、心配をしてしまいました。

 

 公開週に行けずに評価を見て物見遊山で見た映画。

 

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅

movie-review.hatenablog.com

映画の感想としてよりも記事の流れに試行錯誤が見えて、私としては楽しい。

 

 

 インデペンデンス・デイ:リサージェンス

movie-review.hatenablog.com

 

所詮作り物であり、スクリーンの幅と大きさは決まっているので、大きさの演出はうまくやってもらわないと驚けません。スクリーン全体を宇宙船で埋めても、それは宇宙船のドアップでしかないもん。

 

この映画では

先に地球を見せて、それを覆うような宇宙船を見せてくれました。

でけえな、と声が出ました。

 

CG部門賞

movie-review.hatenablog.com

色々と考えさせられた作品。

あ、内容ではないです。映画の見方と付き合い方について。

 

最新のスクリーンじゃないとそのすごさが堪能できない映画と

対応できてないのに上映しちゃう劇場。

少なくとも私が行った行為、

クライマックスは目をつぶらざるを得なかった。

もう映画を楽しむよりも自分の目を守ることしか考えられませんでした。目をつぶり、眼鏡をはずし、目の前に腕を置いて光をブロック。

 

 これは正解だった思う。

 

 

 

注目記事