フレデリカは日本映画ばっかり見ています<ネタバレ>

内容を知っている方だけどうぞ。ネタバレで感想や評価を書いています。たまに批評・解説になっちゃっているところもあり。評判は一通り書いてからチェックしています。

映画『ONE PIECE FILM GOLD』感想/評価:60点/ルフィのワンパンが事態を逆転させる

こんにちは。フレデリカです。

www.onepiece-film2016.com

 

 f:id:frederica2014:20170108155755p:plain第40回 日本アカデミー賞 優秀アニメーション作品賞

映画『ONE PIECE FILM GOLD』の見どころポイント

  • 女性陣のナイスバディ。ローアングル多め
  • 麦わら一族の仲間をかけた賭け
  • まっすぐなルフィ

 

では『ONE PIECE FILM GOLD』のネタバレ感想です。

 

映画『ONE PIECE FILM GOLD』は

麦わらの一行は島のように大きいカジノ船に入港した。黄金で作られたような豪華な船の中で大歓迎されるルフィたち。しかしその船はギルド・テゾーロによって支配された船だった。

ナミが何の策もなく賭場の回銭に手を出すことはないと思いますが、そこに時間かけられても仕方ないので詐欺にひっかかっちゃったのはスルーするとして。

 

中ボスに対する盛り上がりが序盤から始まって、そのままクライマックスまで行った感じ。緩急の幅が広くないんですよね。緊迫感も平穏感も。ラストも中ボスに対するバトルの延長でした。

こう考えると尾田栄一郎さんはすごい。ラスボス戦はしっかりと、それまでとは別物にしてます。

 

過去に海賊につかまった時のナミとカリーナは14歳と13歳。子供が集めたお宝よりももっとすごい商品価値やら本人たちの”使う”価値やらのものと思うけど、少年誌ですね。北斗の拳の悪者たちも女性をさらうのではなく物品を略奪してただけだしね。

 

「あんたを傷モノにしてしまった」カイ・シデン)の一言でかなりのことがあったと想像されるレコアさん。

ところでルッチとサボはなんで出てきたの? 人気の高いサボを出したかったのかな?相手役としてルッチを使っただけかな?

 

ONE PIECEと私

初回がジャンプに掲載されたころはジャンプを見てました。よくあるようにアラバスタ編で一度離れました。その後、5年ぐらいたってからDVD版を借りて空島編意向を見ました。

 

そんなわけで

主人公クラスは

ルフィ・ゾロ・サンジ・ナミ・チョッパー・それとビビ。

 

ロビン・フランキー・ブルックはサポーターの位置づけです。。

 

その後、漫画ではなくアニメの方を見てます。

 

 

賭け賭けうるさい

5千億ベリー奪取しにいくのは作戦であって賭けじゃないよね?ˑ半丁博打でさえない。このあとクライマックス前に”分の悪い賭け”とか出てくるかと思ったんですが、出てきませんでした。

地下に落ちた後も「賭け」「賭け」うるさかったですね。レイズマックスが巨大換気扇に特攻した時も何が賭けなのか成功したのか失敗したのかさえ分からなかった。羽をすり抜けて通り過ぎたかったんじゃなかったの?人海戦術で羽を止めたかったのならフランキーが特攻した方がよかったんじゃ、、、、。

 

おっぱい大きすぎない?腰くびれすぎてない?

 誇張表現すぎですね。デカダントっぽい。

 

マガジンでベクターボールを連載中の雷句誠さんの名作ガッシュ
 ちっちゃい子はチョッパーと同じ中の人ですね。

www.youtube.com

ステータス:貧乳 を持っているのはビビだけだけど、もう一度ビビが再登場するときは巨乳になっているんだろうなぁ。

 

ローアングルも妙に多かった。女性らはパンツ見えそうなミニスカワンピースだけど、スカートの中ははっきりくっきりと黒で塗りつぶされてました。ぎりで見えそで見えないって演出さえもする気がないならローアングルじゃなくてもいいんじゃないですかね。

 

あれ?書いてて思ったんですが、海外上映も計算してますよね?日本よりも性表現が厳しい国でも上映できるようにしてある?だから乳は見せても揺れないし、パンツが見えそで見えないぐらいだったら見える角度なのに黒で塗りつぶしちゃったほうが規制に引っかからないのかな?

 

尾田栄一郎さんは大したもの

中盤のクライマックス感が最後まで続きました。中盤のクライマックスにさらに緊張感を乗っけたラストのクライマックスってのがなかったんですね。

その辺に原作と映画の違いを感じました。もっと言えばオリジナルを作る尾田栄一郎さんと乗っかる映画原作者の格の違いを感じました。

ドフラミンゴを倒したときは、幹部クラスを全部やっつけてました。残りはルフィがドフラミンゴを倒すだけになったのに、ドフラミンゴを倒さないと状況が回復しないという絶望感がありました。今回それがない。

原作にある「ルフィのワンパンが事態を逆転させる」感が小さかったんだよね。

 

グラン・テゾーロの過去を中途半端に入れられても

「俺は嫌いだったあいつらのようになっていたのか」は必要だった?徹頭徹尾ワルモノでよかったんじゃないの?

それと、ルフィが”正義”でテゾーロが"悪"って構図を作ろうとして必死すぎました。原作だともうちょっとわざとらしくなく”ラスボスをやっつければ万事解決する”って流れにもっていくし、善悪の価値観なんて差し込んでこないよね。

 

船だか国だかに悲壮感なし

船で生活している人たちがテゾーロに強制的に従わされていたとか正体に気づいてなかったとかじゃないんだよね。描写として出てきたのは花売りの子供とそれを雇っている店長(テゾーロに家族を奪われたらしい)ぐらい?

金粉を浴びてるかもしれないけど、普通に生活している分には問題ないんでしょ?テゾーロと接触することもなさそうだし。

 

悲壮感が足りませんでした。オープニングのステージ会場で盛り上がっている奴らが記憶に残っているから、こいつらはこいつらで楽しんでたよなぁと思ってました。

今になって気づきました。盛り上がっている奴らはテゾーロに強制的に笑わされてたってことかい?見終わった後に感想を整理しないと気づけないんじゃちょっと賛同しにくいなぁ。

 

過去のキャラたちがここそこに

アブサロムは見つけました。レストランでご飯食べてた。

 冒頭でホグバックを見かけたような気がする。

他にもいたんだろうなぁ。

 

スパンダム・ルッチ・サボ・コアラ

何しに出てきたんだと思いましたが、最初に総括を書いていた時に気づきました。人気のサボを出すためであり、バトルシーンの相手ですね。

 

満島ひかりさん。スポーツ選手でもラグビーとサッカーでは違うもの

同じように体を動かすとしてもラグビーの一流選手はサッカーの一流選手じゃありませんん。

体全体で演技をする俳優なら声だけ使っている声優の代わりができる。ってわけではありません。

ウシシ がむかつくほどへたくそでした。

 こちらの満島ひかりさんはかっこよかったです。

movie-review.hatenablog.com

 

泣けますよ

www.youtube.com

 

映画『ONE PIECE FILM GOLD』のCAST

カーレースはゲスト出演を一気に片づけるために作られたシーンかな?

 

映画『ONE PIECE FILM GOLD』のまとめ

  1. 追随者(今回のシナリオライター)がオリジナル(尾田栄一郎さん)に追い付くのは難しいですね。
  2. ルパン三世のカリオストロの城に似てると思ったけど考えすぎかな

  3. 貧乳はステータス!

 

映画『ONE PIECE FILM GOLD』のベストシーン

ロビンのめがね顔のバストアップ。上半身は知的でかっこいいのに、下半身のミニスカートが下品なレベルでした。

 

映画『ONE PIECE FILM GOLD』の評判

信者からの票で若干甘め。

 

onepieceの過去の映画をhuluで見れます。

二週間無料!夏休みのおともに!

 

注目記事