フレデリカは日本映画ばっかり見ています<ネタバレ>

内容を知っている方だけどうぞ。ネタバレで感想や評価を書いています。たまに批評・解説になっちゃっているところもあり。評判は一通り書いてからチェックしています。

映画『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』感想/評価:65点/前半の個人の熱さと後半のアイドルの熱さ

こんにちは、フレデリカです。

TOHOシネマの告知ページにウソしか書いてねえ!

存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48 || TOHOシネマズ

初代総監督・高橋みなみの卒業と横山由依新体制への移行の裏で起きた涙のドラマとは?HKT48指原莉乃 VS. NMB48 山本彩など姉妹グループの台頭、新グループNGT48の誕生、そしてライバル乃木坂 46の大躍進など移りゆく時代とAKB48はどう戦うのか?AKB48のドキュメンタリーシリーズとして5作目となる今回、満を持して監督にはAKB48 をブレイク前から追い続け、長年見守り続けてきた、元NHKプロデューサーの石原真が務める。貴重な映像の数々と、新たに撮影しているインタビュー映像で つづるシリーズ最新作。

初代総監督・高橋みなみの卒業と横山由依新体制への移行の裏で起きた涙のドラマとは?

冒頭にちょっとだけ出てくるだけかなぁ。

HKT48指原莉乃 VS. NMB48 山本彩など姉妹グループの台頭

グループの話はNGT48とちょっとJKT48だけです。さや姉(山本彩さん)はバックにたまに見えるだけです。みるきー渡辺美優紀さん)の方がちゃんと映っています

新グループNGT48の誕生、

これだけはちゃんと時間をとって表現してました。でもリアルタイムではなく「誕生を振り返って」という感じでした。

そしてライバル乃木坂 46の大躍進など移りゆく時代とAKB48はどう戦うのか?

乃木坂46の話なんてしてない。モーニング娘。つんくさんと桃色クローバーZの川上アキラさんにインタビューはしているけど。

 

www.2016-akb48.jp

映画『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』の見どころポイント

  • 熱くならないなんて勿体ないよ
  • 大手に就職したときの縮図
  • 成果「総選挙」

 

では、存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48のネタバレ感想です

上記のウソとゆいはん(横山由依さん)がたどたどしくカンペを追いかけるのを愛でるための映像があります 

→ 存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48 || TOHOシネマズ

 

映画『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』は

AKB48は事あるごとに「第一章終了した」と言ってきた。今は何章目なのか。

だけど、中で頑張る彼女たちに何章目かに関係がなかった。

グループ10周年。だからこそ黎明期の時とは違う状況に直面する彼女たち

前半は社会人あるあるでした、、、と言い方はできないか。

前半の彼女たちの苦悩は社会人として長年生きてきた私には共感するところが多かったです。

前半、私は誰がすごいのか変換されていきました。

  • 彼女たちの苦悩を他人ごとではなく感じられる私は、それなりに人生をちゃんと生きている気がする
  • というか私が共感できてしまうことを20代前半までに体験している彼女たちがすごいんじゃないか?
  • それほどAKB48の知識がない私にも共感できるように作ってある監督さんの手腕はすごいんじゃないだろうか。

後半は、、、、ごめん。ちょっとわかんなかった。

 

SKE48のドキュメント。

movie-review.hatenablog.com

SKE48のドキュメントを見た時と同じことを書きます。

思春期にこんだけ頑張った彼女たちは今後自分の道で何があっても負けないような気がする。

 

AKB48と私

一般の人よりは詳しいと思います。けどテレビで見ているだけなのでコアなファンではないと思います。深夜放送で若いねーちゃんたちがわいわい騒いでるのをボーとみているのが好きです。

知ってました?今のAKB48のメンバーにプロ野球の逆指名争いで元木大介さんに勝って先に巨人入りした大森選手の娘さん(大森美優さん)がいるんですよ。

 ↑これを知っているほど詳しいですが、これをどや顔で語る程度のライトなファンです。

 

劇場に応募したのは二度。どちらも落選しました。

 

終わってしまったテレビ番組「有吉AKB共和国」とホストが変わった「AKBINGO」をなんとなく見ていましたので、今回ピックアップされていた人たちの顔を知っていました。感情移入しやすかったです。

 

前半の個人の熱さ

上記の見どころと下記のポイントに、静観しているふりの人たちへの気持ちを書いたので、もう一方の一生懸命な自分を周囲が認めなかったり、指さされて笑われてる人たちへ

 

www.youtube.com

笑ってくる奴らは自分にないものをあなたが持っているので、あなたが持っているものを「価値がないもの」とすることによって自我を保とうとしているだけです。笑わせておきましょう。そのまま行けば、彼らが見れない風景が見れるはずです。

ファイト!

 

目標ははっきりしているのに手段が分からない!

総選挙で上位に食いつきたい。けどどうしていいかわからない。

テストで上位に入りたいのなら、勉強をすればいい。勉強の仕方も確立されている。

 

けど、人気の上げ方はわからない。西野未姫さんが言われた「頑張りすぎているから人気が伸びない」ってのはつらなかったね。じゃあ、何をすればいいのか分からなくなる。あの子よりも自分の方が頑張っているのに何で人気があるんだろう?それは答えがありません。

悩んでいてもファンの前ではそれでも笑う。笑わないと後れを取ることだけはわかっているから。

この辺の悩みが社会人の悩みに見えました。テンプレート通りに勉強やってきたらいい点が取れたのに、仕事には勉強ほどはっきりとしたテンプレートはないし、同じことをやっても状況によって結果が違う。

 

光宗薫さんの見切り方も私だったらできるかわからないです。

制作側からは好感度が高く、一般的にも評価が高い。

けど、残念ながら、握手会の列は短く、総選挙も振るわない。結果が示しているのは1推ししてくれるファンは少ないってこと。だから切り替えて違うステージに行く。

女子カメラ [DVD]

女子カメラ [DVD]

 

一度大手に入ったら安泰と思う人が多いじゃない?私にこの切り替えができるかなぁ。

 

 

本来は社会に出てからの悩みを10代で体験してますね。

私はかなわないや。もちろん彼女たちを笑っている人たちも。

 

同期

周囲の大人たちが会社の縮図を意図的に作っていきますね。

話題性を求めて「AKB48に入ったばかりの娘をセンターにする」という大人の戦略は

中にいる子たちにとっては「同期が先に行ってしまった。なんで私は置いてかれたんあろう?」になります。

普通の社会なら「先に主任・係長に昇進する」であり、そこまで差がつくのは2年後3年後ですが、AKB48は入ってすぐ。会社の縮図ですよ。

 

聖地・IWA

IWA
IWA
ジャンル:焼肉屋
住所:〒169-0073 東京都新宿区百人町2-8-13 FISSビル 2F(地図
周辺のお店のプラン予約:
Trattoria Dai Paesani のプラン一覧
李家菜 のプラン一覧
韓国料理 サムギョプサル でじにらんど 大久保店のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 大久保×焼肉
情報掲載日:2016年7月8日

 AKBの卒業生が働いているそうです。

人気者が働いている!という特典よりも

AKBの厳しさを知っているから、お金をもらうことに真摯であり、ちゃんとアルバイトとして自分の役割を見極めてパキパキ働いてくれるいい人材だろうなと思いました。

 

後半のアイドルの熱さ

そんなこんなで社会人としての共感を感じながら見てました。そして今年の総選挙に話が写っていきます。

前半に描かれていたことの集大成です。、、、、なんですけどね。ごめん、わかんなかった。

一票でも投票したことがあるなら熱くなれたのかなぁ。

 

文春さんに行った!

取材に行ったよ!せんてんすすぷりんぐ!

指原莉乃さんの例のスキャンダルを書いた人や、前田敦子さんの「お姫様だっこ・改」の現場にいた人に取材してたよ!

二十歳前後の女の子の人生をつぶすようなことをして良心の呵責はないのか。みたいなことをやさしい言い回しにして聞いてました。

優しい言い回しでアイドルは公人なんだから仕方がないと言ってました。

 

アイドル達に対するパパラッチのしつこさをどこまで”有名税”ととらえるのかは人それぞれかなぁ。

 

指原莉乃さんの王者っぷり

総選挙で圏外泣いちゃっている娘たちにマントを羽織った指原莉乃さんが王者の風格で声をかけていたのは少し笑っちゃいました。

そこには絶対的な縦関係がありました。平社員が課長、、、いや部長、、、もっと上か、社長に声を変えられたような恐縮ぶりでした。

 

なんかすげーな。仲間じゃないんだよ。大きく言えばグループであり仲間なのに、手の届かない存在がいるんだよ。もう会社だよ。

 

映画『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』のCAST

14期生

15期生

AKB48 Team 8

 

映画『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』のまとめ

  • 「人の前に出たい!」と自ら手を挙げた人たちだから、事態に前向きで積極的。自分を守るために「マジはダサい」「あの子アイドルやってるんだって~(爆笑)」とか上から目線で否定しているぐらいなら、自分のやりたいこと熱中したいことを考え直した方がいいよ。
  • 昔は”同期”って言葉は大きな会社の社員からしか聞かなかったよなぁ。
  • 総選挙の熱さはわかりませんでした。私が共感した前半の熱さの総決算だったと思うんですが、、、、。一票でも投じてたら感じられたのかな?

 

映画『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』のベストシーン

JKT48仲川遥香さんの言っていた

「日本で暇しているぐらいならジャカルタおいで」

動き出せばなりたい自分になれる!を体現した人の背中押しの言葉は深いですな。

 

今からジャカルタの悪口言いまーす

私の世界地図

人は心に誰しも世界地図を持っています。その人が意識できる範囲です。

例えばオバマ大統領の世界地図は地球全体でしょう。

北海道から沖縄まで飛び回っている営業マンの世界地図は細長い日本列島で章。

私の世界地図は千葉の市川と埼玉の東部と東京23区の上側で完結します。私の世界地図の外にアメリカという土地があるらしいですが、東京とおんなじぐらいの大きさなんじゃないかぐらいにしか認識がありません

何が言いたいかというとあほが勘違いしている言葉だと思ってください

 ジャカルタって腰蓑はいた人が槍持って歩いていると思ってた

 出てきた映像はアスファルトジャングルだった!あそこは、、、都会や、、、、。

 

映画『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』の評判

後でまとめます。

 

 

 

注目記事