フレデリカは日本映画ばっかり見ています<ネタバレ>

内容を知っている方だけどうぞ。ネタバレで感想や評価を書いています。たまに批評・解説になっちゃっているところもあり。評判は一通り書いてからチェックしています。

映画『クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』感想/評価:87点/とにかく明るい安村推し

こんにちは、フレデリカです。

今日の千葉は風が強いです。

 

www.shinchan-movie.com

映画『クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』のポイント

  • ネネちゃんの大活躍
  • 親の愛
  • 獏(中国から日本へ伝わった伝説の生物

 

ネタバレです。

映画『クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』は

春日部の住人が一つの夢を共有するようになっていた。最初は大人はユメルギーが小さかったため、悪夢に見舞われるようになる。ユメルギーが大きかった子供たちも一人また一人と悪夢に陥るようになってきた。

幼稚園に女の子が転校生がやってきた。影があるかわいいサキは男子に人気が出て、ネネちゃんは気に入らない。

どうでもいいけど、昔は春日部じゃなくて春我部とか一応程度にもじってなかったっけ?

クレヨンしんちゃんの映画を映画館で見たのは初めてなんですが、ほとんどの映画が家族愛でした。たまに友情がテーマになっていることもあります。

今回は両方ともテーマでした。

 

クレヨンしんちゃんだからこそ許される説明のなさとか物語への導入とかはさすがです。夢を共有する機会があるなんて1エピソードナイトの見込めないはずなのに、”不思議な機械がある”ってだけで飲み込めたよ。

だからこその97分の短さでいいたいことが言えるんでしょうね。

 

大変だと思ったのは、それでも飽きている子供が多数。お母さんに抱えられて激情を出てって帰ってくる子供がたくさん(おしっこ)。

 

シナリオはかなり高難度の構成を求められてますね。

これらをクリアしながらもう24作目。すごいなぁ

 

なんとなく思い出しました。現実の隣に荒廃した別世界があり、そこにきらびやかな物体があるところとか

wikipediaより

 

主題歌

主題歌は当初、ゲスの極み乙女。が担当する予定となっていたが、同バンドのボーカル・川谷絵音の不倫騒動が影響し、取り下げとなった。その後、2016年2月12日に候補に挙がっていたケツメイシが担当することが分かり、2月26日にテレビで放映された予告編にて、「友よ ~ この先もずっと…」であることが判明した

 

ありゃりゃ、、、、

 

 

野原家は高級家庭?

野原家は一般家庭(平均よりちょい下)ぐらいの位置で表現されていますが、ネットでは超勝ち組とされています。

クレヨンしんちゃんの家ってすごい裕福ですよね? : 生活・身近な話題 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

今回は、ひまが戦力特化型として活躍してました。活躍らしい活躍はしていませんでしたが、話をスムーズに進めるために大活躍でした。これだけ色々詰め込んだのに97分に詰め込めたのは、ひまのおかげですよ。

ひろしとみさえですが、子供のためにあんな馬鹿な格好できるとはそりゃお互いに惚れるよ。どちらも照れてないよ。

 

凛としてしゃなりとしている男女が二人きりだと高らかに歌って愛を確かめ合います

movie-review.hatenablog.com

 

最後はみさえがまとめました。ん、正直言います。ちょっと泣いた。だからコナンより少しだけ点数を足してあります。

 

春日部防衛隊の活躍

  • 風間くん:自己が確立された状況に流される人。通常攻撃できる人。
  • まさるくん:自己が確立されてない状況に流される人。最初に撃たれる人。
  • しんのすけ:現実でマイペースに生きる人。通常攻撃できる人
  • ぼうちゃん:非現実でマイペースに生きる人。最終兵器そのものの人
  • ネネちゃん:サキを映す鏡。

 

ネネちゃん大活躍でした。サキが転校してきたときに、男の子たちにすり寄り始めたのがもろにオンナでしたね。

その後も、サキに絡んで指切りして嫌いになって仲直りしてと、忙しい役回りでした。

 

ゲスト芸能人たち。

  • 城咲仁さん:正直言って、なぜいま城咲仁さんなのと思ってしまいました。
  • 大和田獏さん:まさかとは思ったけど、場面転換で予想は付きました。子供たちはわかったかなーと思ったけど、たぶんわかってないでしょうね。でもぼーちゃんが目をキラキラさせていたから、いぶし銀の芸能人ってことは伝わったのかな。
  • とにかく明るい安村さん:妙に推されてました。子供のフックとしてはちょうどよかったのかな。ちょっとシリアスなシーンが続いた後に出てきてました。

 

お茶の間

客席はもう完全にお茶の間でした。「個人情報って何?」とか「プライベートって?」と親御さんに質問している声とか聞こえてきてました。

 

ちょっとうれしかったのは私が笑うポイントがだいたい子供たちと一緒だったことかな。

 

見事なまとめでした。

悪夢がお母さんなら、やっつけて終わり!ってわけにはいきません。それをみさえがちゃんとフォローしてました。さらにサキの中の自分を嫌う自分を切り捨てるんじゃなくて受け入れて、荒野が花で埋め尽くされる。

綺麗で見事な最後でした。

 

子供視点

お母さんが悪夢に変わる瞬間は場内が静まり返ってました。あれはこえーよ。夢の中でバクを探しに出た時に、子供たちはわかっているのかなーと思ったら「バク見つかるのかな?」と声がしたのでついてこれてるんだと安心しました。そういえば何度も連呼してましたね。

 

大人視点

私はもはや高校生を見ても保護者目線になってしまうので、幼稚園児なんて戻れるわけがないので大人目線でした。

しんのすけの夢に入る!」みさえがかっこよかったですよ。そのあと一瞬で寝入った時は声出して笑ってしまいました。

 

大人視点の子供視点

子供に覚えてほしくないこと盛りだくさんだったなぁ。特にまじめに叱っているときに冗談で切り返して笑いを取っているところ。真似してほしくないだろうなぁ。

 

大人視点のエロ妄想

みさえは29歳です。おっぱいがないことをしんのすけにネタにされていますが、細身でスタイルがいいです。それが幼稚園児の格好しています。

 

さて、野原夫妻は子供のユメルギーを得るために童心に帰ろうとしました。ひろしは童心に帰るためにそりました。そのシーンはお尻しか見せてないので、ひろしの前の状態は想像するしかありませんが、場内は「大人の男の人が前を見せてしかも毛がない」でどっかんどっかん笑いを取っていました。

 

ちょっとまて。みさえさん、、、、、そのコスプレとひろしと同じ行為はパ、、、(この言葉でグーグルで引っかかってほしくないので書きませんが)、、、、、、エロ過ぎませんか?薄い本が出まくるだろうなぁ

 

映画『クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』の感想まとめ

  1. ネネちゃんのオンナ部分と女性としてのやさしさや協調性
  2. 子供を愛しているのであって悪い人じゃないよ
  3. みさえのバイタリティ

 

映画『クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』の評判

ほぼほぼ好評。

上に書いたみさえのエロすぎ面には誰も触れてなかったです。

 

注目記事