フレデリカは日本映画ばっかり見ています<ネタバレ>

内容を知っている方だけどうぞ。ネタバレで感想や評価を書いています。たまに批評・解説になっちゃっているところもあり。評判は一通り書いてからチェックしています。

【伊集院ツタヤレンタル-先週あれ見たよ編】12モンキーズ/本谷有希子さん

 

12モンキーズ [DVD]

12モンキーズ [DVD]

 

 

私はいろいろと拾いきれていないらしい。

 大急ぎで、何かの作業をしながら見るものじゃないですね。受け取れたはずのメッセージや気づけたはずのことも気づけない。

もう一回見たほうがいいかなぁ。

 昔見たはずの伊集院さんは新発見があって、すごく面白かったそうです。

 

映画館でのつぶやきがまとめのひとつ。もう一度体験しても気づくことはあっても結論が変わることはない。

 

タイムパラドックスドラえもんで鍛えられていたけど、そんなに簡単なことじゃなかった。初見の安部さんはだまされた。

 

本谷有希子の この映画すき、あの映画きらい

本谷有希子の この映画すき、あの映画きらい

 

 

ここ見てポイント

1.独特のなんともいえない世界観

2,3で大盛り上がり
 

2.病的なまでの伏線の張り方

夢の中では犯人はブラピ。
 あの声の正体は?口くさい人が話しかけているのを二人で聞いているから幻聴ではない。ブルースウィリスが聞いていたあの声は何?

ブルースウィリスは未来から来ているのは本当だが、精神的にやられている。

結局、ブルースウィリスが正常だったんだね、という簡単な話ではない。

 

3.正常と異常の境界を破壊される快感

記憶はいい加減。話しているうちに、肝をずらさずに分かりやすいように話を編集していたら、どれが本当のことだったか分からなくなることがある。

最後は矛盾しているはずだと本谷さん。最後の最後に女の人がブルースウィルスに説明すればよかったのではないか?

 

阿部哲子’s EYE

初見の阿部さん的は60点。だけどブラピが出演している中では一番マシ。(毒舌)

もう一度見たら新しい発見があって65点ぐらいになるってことあるよ。とは伊集院さんの言葉。

 

<<映画と関係ないところ>>

伊集院さんがドラマのほうも見たそうです。が、テーマが真逆らしい。
ドラえもんにはないルール、過去は変えられない。だったはずが、変えてしまうらしい。ターミネーターと同じ方向のベクトル。

 

熱くなってずっと話し合っていたらしい。本人たちもどうやって編集されているか分からないから話が飛んでいるかもしれないそうです。

 

玉袋筋太郎さん&ナタリー

話が飛びまくってても映画も展開が飛びまくりだからいいんじゃない?

 

 

注目記事