フレデリカは日本映画ばっかり見ています<ネタバレ>

内容を知っている方だけどうぞ。ネタバレで感想や評価を書いています。たまに批評・解説になっちゃっているところもあり。評判は一通り書いてからチェックしています。

エンド・オブ・ザ・アース/いい感じでB級くさく、光るアナ・ケンドリックのセクシーさ。

エンド・オブ・ザ・アース です。

エンド・オブ・ジ・アース アポカリプスの戦い でも

エンド・オブ・アース ~人類最終戦争~  でもありません。

エンド・オブ・ザ・アース です。

 

最初からまじめに見るつもりもありませんでしたし、期待もしてませんでした。低くしまくったハードルは越えてきました。何となくヨハネ黙示録が元ネタ?

 

 本作品最強兵器:スコップ

Mr.sunshine 高儀 パイプ柄ホームショベル 剣型
 

中学生が考えたギャグストーリーがいい方向に転んだ感じ。

芝刈りしか興味ないゾンビってなんだよ。

 

 
【公式】エンド・オブ・ザ・アース【予告】(原題:RAPUTURE) - YouTube

アマゾンで取り扱ないし。珍しいな。

吹き替えがあったなら作業中にバックで流しておきたいですが、字幕のみ。残念。

 

wikipediaアナ・ケンドリックの項にこの映画のことは書いてない。黒歴史だから載せてないってよりもスルーされたんだろうな。

このDVDの見所の一つはアナ・ケンドリックです。きれいです。で、後半はセクシーなドレスを着てお色気ムンムン(言い方が古いな)です。でもイヤらしく嫌味がない。白いドレスがキレイです。

 

アナ・ケドリックが上品なセクシーを表現している分、サタンことビースト様がゲスです。悪党ではなく、ゲスです。男の欲望をまっすぐに表現しまくってて、ある意味うらやましいほどです。すがっすがしいほどゲスです。

 

この映画で最強の武器は神の奇跡(出てこない)でも、拳銃でも、レイザービームでも、鍛えられた肉体(神様と悪魔が徒手空拳で戦うんだよ!パンチに炎のエフェクトもなく、ただの肉弾戦なんだよ!ほんとに!!)でもありません。シャベルです。もうシャベルが出てくるたびにドキドキしてました。

 

最後はよくわかりませんでしたが、風呂にスピーカーが落っこちての感電死です。突然すぎるよ、「風呂にモノがおっこちたら、神様と悪魔が動かなくなった」の意味が分からなかった。3度見して、あの風呂に落ちた置物が通電しているスピーカーだとやっと理解したよ。

 

でもね、えーと、なんていうのかな。嫌いじゃない。

 

最後はいい言葉でまとめてました。うすっっっっっっっっっっぺらい!薄いストーリーをさらに薄くしてる!だが、それがいい

見るときはハードルを上げずに何となーく見てください。私は大好きですが、映画に意味やメッセージを求める人にとっては苦痛な時間になるでしょう。

注目記事